読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

福岡ってゲイにとってどんな街なの?

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

村上:前から気になってんだんだけど、福岡ってゲイの人が集まる場所って存在するの?

神原:福岡市内にゲイ関連の店がいくつかあるよ。特にある場所に固まってあるね。

村上:福岡市内にそんなところがあるの?どこどこ!

神原:福岡の住吉あたりかな。博多駅から歩いて10分くらいでいける場所だよ。

村上:住吉神社のあたりか・・・あの辺にそんな世界が広がっていると思わなかった。博多駅と天神を行き来する時に車で通り過ぎることはあっても散策したことはないな。

続きを読む

ノンケに生まれ変わりたい<4>

ボクらは待ち合わせの時間にバイト先で落ち合い、近くのファミレスに移動して雑談をしていた。バイト先の話やサークルの人間関係の話などを中心に話していたが、恋愛話をしている時にカタハラさんが言った。

「他の男の人と話すのと違って、神原くんと話してると女同士で話してるみたいな気がする」

ボクは答えた。

「同じようなこと結構言われるんだよね」

「やっぱり?なんでかな〜恋愛観とか結婚観とか絶対に男の視点じゃないよ。実はゲイなんじゃない?」

「ばれた・・・実は◯◯君のことが好きなんだ。◯◯君に抱かれたい」

ボクはさらりと冗談めかしてカミングアウトしていた。

「そうなんだ!◯◯君とならお似合いだよ。結婚式には呼んでね!」

続きを読む

ノンケに生まれ変わりたい<3>

同性愛者であることの悩みに関して、何の進展もなく時間が過ぎ、大学1年生の冬を迎えつつあった。キャンパス内では次々とカップルが誕生していてベンチで楽しそうに話していた。

「羨ましいな・・・ボクにはいつになったら普通に彼女ができてベンチで楽しそうに話す日が来るんだろう」

大学の講義が終わり、ボクはカップルを横目に独り身の寒さに震えつつ部室に行こうとしていた。誰か友達と話すことで寂しさを紛らわせようとしていた。そんな部室に向かう途中で声をかけられた。

「神原くん!」

振り返ると笑顔で手を振っている女性がいた。彼女の名前はカタハラさん。彼女に気づいたボクも笑顔になって声をかけた。

「そっちも講義は終わり?今から部室に顔を出すの?」

彼女とは同じサークルだった。

続きを読む

ゲイのうえに痛い人だね

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

神原:年取ってくるとさ、出会う男性の結婚率が当然上がってくるんだけど、恋までしなくても「この人はいい男だな〜」と思う人に、時々出会うんだよね。

村上:あまり聞きたくなさそうな話だね・・・

神原:まぁ聞いてくださいよ!「この人はいい男だな〜」って思ってた人が、結婚したとか聞くと、会ったこともない相手の女性に嫉妬してしまうんだよね。「このアマ!やりやがったな。くそ〜目が高い奴だな」とかさ。結婚式の写真とか見せられた日には悔しくてたまらん。でも、この女性も「この人はいい男だな〜」と思って結婚したんだと考えると、男性に対する好みが関して一致したってこともあり、少し共感も抱いてしまう。

続きを読む

ゲイが語るゲイを見分ける方法

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

村上:前から思ってたけど君ってゲイぽく見えないよね。見た目では判断できない。

神原:それはゲイの友達からも言われるよ。見た目でもゲイってわからないし話し方もゲイぽくないって。

村上:俺の職場にもゲイかな?って思う人がいるけど、仕草とかナヨナヨしてる感じでわかるけど君はそんなことがないね。ちなみのゲイってどんな見た目の人が多いの?

続きを読む

ノンケに生まれ変わりたい<2>

レジにたどり着いたボクはレジの店員に知り合いがいないことを確認した。そして他の客がいなくなったタイミングを見計らって急いでレジに向かい大人しい雰囲気の男性の店員に本を渡した。ボクは携帯電話でメールを打ってるフリをして、ひたすら目を合わせないようにした。店員から金額を言われる前に、足りる分だけのお金をトレイに置いて渡した。

「カバーはかけますか?」

「いえ・・・いいです」

新書にカバーをかけるか聞かれたが、カバーをかけられたらせっかく漫画本に間に隠した書籍のタイトルの同性愛という言葉が丸見えになってしまう。早く本を袋に入れてくれ!というボクの切実な願いが届いたのか手際よく袋に入れて手渡してくれた。

「ありがとうございました!」

続きを読む

ノンケに生まれ変わりたい<1>

銭湯での事件以降、同性愛者として生きることに希望が見出せなくなっていた。そして相変わらず大学時代から同性愛者であることを隠して生きているボクには好きな男性も女性もできていなかった。

同性愛が病気なのかはわからないけど、病院に行くなら精神科かな?でも病院の受付でのやりとりを想像しただけで寒気がした。

「今日はどういった症状ですか?」

「いや・・・男なんですけど男が好きなのをどうにかしたいので・・・」

ボクにはこのやり取りはハードルが高すぎる・・・

続きを読む