ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

はじめての有料ハッテン場<4>

 ロッカールームに行くと先に入った男性がいた。ただ、さっきまでと明らかに様子が違っている点が一つあって、既に「全裸」になっていたのだ。そして全裸のまま椅子に座ってタバコを吸っていた。その男性はあまり運動をしていないのか、お腹の肉が垂れていた。躊躇なく全裸になっている姿を見て驚いたが、ボクは頭を下げて男性の前を通り過ぎ、自分のロッカーの扉を開けて荷物を入れた。そして服を脱ごうとしたけど、あることに気づいて服を脱ぐ手を止めた。タバコを吸っている人がボクの服を脱ぐのをガン見していたからだ。

「うーん。どうしても視線を感じてしまう……早くどこかに行ってくれないかな」

 ボクは他人の目の前で全裸になるのが恥ずかしかったので、携帯電話を出して、タバコが吸い終わるまで待っているつもりだった。その男性はボクが困っているのを察してくれたのか、タバコの火を消し、タオルを持って、ロッカールームの側にあるシャワー室に入った。その男性がシャワーを浴び始めたことを確認して、ボクは急いで服を抜いで「全裸」になった。

 銭湯に入ったりする訳でもないのに、明々と電灯がついた部屋で全裸になるのはなんだか恥ずかしかった。家を出る前にシャワーを浴びていたので、衣類やタオルをロッカーに入れて鍵を閉めた。しかし全裸の状態でロッカーキーをどうしたらよいのか悩んでいたら、ふと壁に貼られている注意書きの紙が目についた。

○右腕:タチ
○左腕:ネコ

 注意書きの紙にはロッカーキーをつける場所によって、自分がセックスの攻め側なのか、受け側なのかアピールするよう説明が書いてあった。

「前にヒロト君と寝たときは攻める側に回ったけど、ボクって本当は受ける側だよな?」

 ボクはまだ自分のことを「ネコ」だと思っていたので、左腕にロッカーキーのゴムを巻き付けた。そして勇気を出して全裸のまま部屋の奥へ進んで行った。

<つづく>

隠れゲイは就活にものすごく強いのかもしれないの記事を読んで

 今日、以下の記事を読んだ。

 

 

 後半の就活の話は置いといて、前半の「嘘」に関する話は「ゲイなら分かるだろうな」と思いながら読んだ。記事の投稿者は二十一歳で、ボクもそれくらいの年齢までは「嘘」をつくことに罪悪感を感じていた。ただ……そのうち「嘘」をつくことに罪悪感なんて感じなくなってしまったけど。 

ボクのゲイの遍歴は次の通り。

○中学・高校時代

同級生にカミングアウトしてしまい、学年全体に知られてしまった。母親にはバレていると思うけど、ボクの方からカミングアウトはしてはいない。

○大学時代

大学の同級生には、ゲイであることを隠してノンケのふりをしていた。密かにハッテン場に行ったり、出会い系の掲示板に書き込んで男と会ったりしていた。大学前半までは、同級生に「嘘」をつくことに罪悪感を感じていたけど、大学後半から徐々に罪悪感がなくなってきた。

○社会人時代

同僚から「少しホモぽくない?」と指摘を受けて、職場でホモキャラの演技を開始。本当にゲイなんだけど、周囲にはホモキャラを演技をしていると思いこませていた。この辺から「嘘」がエスカレートして、完全にボクの中で麻痺状態になった。

○社会人時代(転職後)

ホモキャラは封印して、今は完全にゲイであることを隠して生きている。

 そもそもゲイであることを隠して生きると決めたのは、高校時代のある出来事がきっかけだった。まず一つ目は教育実習生に来ていた人との間で起こった出来事。以下の記事に詳しく書いている。

 

 そして、同じ時期にもう一つ出来事があった。高校三年の学校帰り、たまたま小学時代の仲の良かった友人と出会った。懐かしかったボクは気軽に声をかけた。すると思わぬ反応がかえってきた。

「ホモ! キモい! 死ね! こっち来るな!」

 そう言って凄く冷たい視線でボクを睨んでいた。

 その小学時代の友人とは、中学から別の学校に通ってて会うのは小学校の卒業以来だった。小学時代は毎日一緒に遊んでいた仲だった。恐らくボクがゲイであることを人づてに聞いたんだと思った。ボクは頭を下げてそのまま友人の側を通り過ぎた。

 二つの出来事は、悲しくて傷ついたけど彼らを責める気にはならなかった。ボクもノンケだったらゲイに対して同じような態度を取ったかもしれないからだ。ボクは普通に生きて行くために大学時代からは「嘘」をつき始めた。そして社会人になってから「嘘」をつくことに罪悪感を感じなくなっていた。ボクは「嘘」をつき続けて死にたいと思ったことはないけど、嘘をついて生きていくことが辛いと感じるゲイもいると思う。

 

 ボクにとって幸運だったのは、中学や高校時代にカミングアウトして、ボクがゲイであることを受け入れてくれ、普通の友人として接してくれた人が何人かいたこと。そして社会人になってからも一人だけど、ゲイであることを打ち明けで普通の友人として接してくれている人がいること。

 

 職場の同僚全員にゲイであることを受け入れて欲しいとかは無理だと思うけど、過去にゲイであることを受け入れてもらえた体験があれば、それを糧にして、なんとか今後も生きていけるのではないかと考えている。

はじめての有料ハッテン場<3>

 カーテンで仕切られて、受付の店員の顔は見えなかった。でも人の気配は感じたのでボクは勇気を出して声をかけた。

「あのはじめてなんですけど……いいですか?」

 カーテン越しに若い男性の声がした。

「学生ですか?」

「あっ。はい!」

「学生証を持ってますか?」

 ボクは財布の中から学生証を出して店員に渡した。身元がバレるので学生証なんて見せたくなかったけど、学生と認めてしまった時点で後には引けなかった。店員は学生証を手に取って簡単に内容の確認をしていた。

「お返しますね。学割の千円になります」

 そう言いながらトレイにお金を入れるよう促してきた。ボクは千円札をトレイに載せて店員に渡した。 

「こちらがロッカーの鍵とタオルになります」

 ボクは差し出された物を受け取った。

「今日は全裸デーになります」

「全裸デー?」

 戸惑っているボクの雰囲気が分かったのか、店員はカーテンの隙間から手を出して、受付窓口の壁に貼られている紙を指差した。紙にはイベントの説明書きがあった。

月曜:完全全裸DAY(全裸)
火曜:全裸・タオルDAY(全裸 or タオル)
水曜:勝負下着DAY(アンダーウェア)
木曜:タチ・ネコDAY(タチ全裸。ネコ下着)
金曜:サポーターイベントDAY(イベントごとに変化)
土曜:イケメンMIX DAY(フリースタイル)
日曜:サポーターDASH DAY(フリースタイル)

「今日は月曜日だから……『完全全裸DAY』ってことなのか」
 
 『完全全裸DAY』のイベント内容の説明書きには、

見る・見られる! ヤル・ヤラレル! 全裸で相手を挑発! 盛りのついた男たちがこの日はフロアを埋め尽くす!

という過激な煽り文句が書かれていた。ボクは読んでいて恥ずかしくなって赤面していた。

「今日がフリースタイルデーならよかったのに」と後悔していた。「絶対に全裸ではないと駄目なのか? せめて下着を着ては駄目なのか?」そう店員に確認したかったが、カーテンの向こうから「止まっていないで早く進め!」と無言の圧力を感じたので、ボクは諦めてロッカールームに向かった。

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<2>

 横断歩道の人ごみをかき分けてボクは向かいのビルを目指して走っていた。ビルに辿り着くと、エレベーターのドアは閉まりかけていた。ボクは慌てて開ボタンを押して、エレベータに飛び込んだ。エレベータの中には、三十代後半くらいの男性がいたが、飛び込んできたボクを見て驚いていた。

 ボクはエレベーターの行き先を確認した。「よかった。四階のランプが点灯してる」そう確認してから閉ボタンを押した。よくよく考えてみると、このビルには他のテナントも入っているはずで、この男性が四階で降りるなんて保証はどこにもなかったはずだ。当時のボクは緊張からか、そんなことを考える余裕もなかった。エレベータの中では気まずい雰囲気が流れていた。この男性はボクの方をチラチラ見ているのが分かった。ボクはドキドキとかなり緊張していたが、ズボンのポケットに手を入れて目を合わさず何食わぬ顔をしていた。四階で降りる時点で、ボクらは同じゲイ仲間だ。

 エレベーターは四階に着き、ボクは開くボタンを押して「お先にどうぞ」と言った。サポーターの店内がどうなっているのか分からなかったので、この男性の後をついて行くつもりだった。「ありがとう」と丁寧に頭を下げ、男性はエレベータを降りて、廊下を右に曲がった。ボクは急いで後を追った。

 廊下を右に回った瞬間、ボクは目の前には別世界が広がっていた。左手の壁には所狭しとゲイのアダルトDVDのポスターが貼られていた。右手にはアダルトショップがあった。アダルトショップは六畳ぐらいの広さで、ローションやコンドームや大人のおもちゃなどが色々置いていた。先に入った男性は受付の店員とやり取りをしていていた。ボクはアダルトショップの売り物を眺めながら、二人の会話を聞き漏らすまいと耳を傾けていた。先に入った男性はお金を支払いタオルと鍵を受け取って先に進み始めた。

「よし……次はボクの番だ」と決心してボクは受付に向かって歩き出した。

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<1>

 雨が降る夜だった。ボクはコンビニで立ち読みをするふりをして、道路向かいのビルの様子を伺っていた。

 目的のビルに着ついてから、かれこれ一時間近く経っていた。ボクはビルの周りを何度も往復して、ビルの一階にあるエレベーターの前まで来たが、エレベーターのボタンを押す勇気が出せず、向かいのコンビニで気持ちを落ち着かせていた。そう……ボクが見ていたビルの四階には有料ハッテン場の「サポーター」があるのだ。

 サポーターは京都市内で唯一の有料ハッテン場だ(現在は閉店)。京都の繁華街である四条河原町から歩いて十分程度の場所にある。あまりに自然にあるため、このビルに有料ハッテン場があることをほとんどの人が知らないだろう。知っているのはゲイだけだ。有料ハッテン場は、ゲイ同士で雑談するために行く場所ではない。ゲイ同士でセックスするために行く場所だ。

 二十一時を過ぎていた。仕事帰りや飲み会帰りの沢山の人がビルの前を通り過ぎていた。「さっきからずっと見てるけど、誰もビルに入っていかないな……」と考えながら立ち読みを続けた。もちろん本の内容は頭の中に全く入っていなかった。ここまで来たからにはビルに入るつもりだが、中の様子も分からないため、誰かが入った後について一緒に入ろうと考えていた。

 立ち読みをしながら、ビルの中の様子を想像して恐怖が一杯だった。ビルの中で沢山の男同士がセックスをしていると考えただけで、踏み出してはいけない世界のような気がしていた。セックスはしないにしても、せめて有料ハッテン場がどんな場所なのか、それを見学だけでもして帰ろうと決めて、自分を納得させていた。

 立ち読みを続けるにも足が疲れたきた頃だった、雨に濡れた窓のガラス越しにビルに入っていく男性の姿が目に入った。「よし、あの人に付いて一緒に店に入ろう」と思ったボクは急いでコンビニから飛び出した。

<つづく>

同性愛者としての初体験<12>

「本当に気持ちがいいのかな……」と思いつつ恐る恐るヒロト君の乳○のあたりを触ってみた。

「あっ!」

 急にヒロト君の表情が変わった。「感じているようだけど、これって演技じゃないの?」と思いつつ様子を見ていると、凄く
興奮していて演技ではなそうだった。

「気持ちいい……」

続きを読む

職場の年下の男性を俺の嫁認定したよ

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

神原:過去にも何度もやらかしてるけど、また職場でゲイだってバレそうになったよ。

村上:既にバレてると思うけど……今度は何をやらかしたの?

神原:うちの職場に派遣社員の若い男性がいるんだ。

村上:なるほど。とうとう正社員の立場を笠に着て派遣社員に手を出して懲戒解雇されたのか……それはよかった。

神原:ボクは基本的に年下には興味がないよ。でもその派遣社員の子はテキパキ仕事をしてくれるし、かなり可愛いがってるんだ。「○○の仕事をお願いしてもいい?」ってお願いしたら「はい!わかりました」って素直に従ってくれて、速いスピードで正確に仕事をして「終わりました!」って報告してくれるんだ。問題点があったら資料を作って相談に来てくれるし、正社員より仕事ができる子なんだ。

村上:素直でいい子だね。君には勿体ないぐらいだ。

神原:テキパキと仕事をしてくれるから、重宝しすぎてとうとう同僚の前で「俺の嫁」に認定したんだよね (*´∀`*)

村上:えっ……俺の嫁?

神原:そう同僚の前で「A君(派遣社員の子)は俺の嫁だから」って宣言したんだ。

村上:どうして君は毎回そんなバカな発言をしてしまうんだ(ノ∀`;)

神原:「俺……嫁のA君となら寝れる」って言ってしまった。

村上:(゚A゚;)

神原:そのうち同僚からも嫁認定されて、A君が休みの日に出勤したら「今日は神原さんの嫁は休みですよ。嫁がいなくて寂しいでしょ?」って笑いながら言われるようになったよ。ついに周囲からもお墨付きがもらえたよ。ヾ(*´∀`*)ノ

村上:そう言われて君は同僚になんて言い返してるの?

神原:「俺の嫁なら昨日、夜の営みをして疲れたから俺の家のベッドで寝てるよ」って言ったら笑いながら聞いてくれるよ。

村上:普通に会話してる君の職場の同僚も相当イかれてるね(;^ω^)

神原:問題はA君が俺の嫁に認知されてることに気づいてないことかな。

村上:気づいても困るだけだよ。むしろ知らせなくていいと思うよ。

神原:まぁこれは例えなんだけど、ボクが女性に生まれたら、A君みたいな男性と結婚したかったな。「役所にこの書類出しといて」とか「風呂場の掃除しといて」とか「便所の掃除しといて」とか「掃除機かけといて」とか「皿を洗ってといて」とか言っても「はいわかりました!」って、すぐに対応してくれそうだからね。本当にいい子だよ。

村上:あれ……なんだか君は結婚相手を家政婦か何かと勘違いしてないか?