ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

同性への憧れと恋愛の境界線<6>

 好きな人のことをもっと知りたいと思う気持ちはあるけど、それは同性愛でも同じのようだ。ボクはずっと彼のことを知りたいと思っていたけれど、こんなにも身近な所で、彼の情報が沢山あるとは思いもしなかった。

 彼の母親は、ボクの母親の勤め先に出入りしていて、それがきっかけで知り合いになったらしい。ボクの母親はママ友グループとの付き合いがほとんどないのだが、彼の母親も同様のようで、お互いに気があったようだ。

「そういえば、あなたが小学生の頃、うちのお兄ちゃんの中学校の運動会に行ったでしょ? その時、横溝さんの母親と子供に会ったでしょ?」

「えっ……そんなことあったけ?」

「お昼ご飯も横溝さんと一緒に食べたじゃない。覚えてない?」

「そういえば誰かと食べた気がする……」

「ご飯を食べた後、横溝さんのお兄ちゃんに遊んでもらったでしょ。それも覚えてない? その人があなたが塾で会ってるお兄ちゃんよ」

「そういえば……誰かと遊んだ記憶がある」

「人見知りのあなたが、珍しく初対面の人と仲良く遊んでたから、よく覚えてるわよ。あなた……そのお兄ちゃんに凄くなついてたわよ」

「ふ〜ん」

 ずっと初対面だと思っていた人と、過去に会ったことがあるとは思いもしなかった。

 本当はもっと話しを聞きたかったけど、母親にはゲイであることを隠しているので、これ以上は話すことができなかった。異常に知りたがれば不信感を招いてしまうので、興味がなさそうな反応をした。それでも、有難いことに母親の話は続いていた。

「そういえば、横溝さんの弟も知ってるはずよ。小学生の頃にあなたと同じ習い事をしてて、顔を合わせてるはずよ。A町の橋の所でバスから降りる男の子がいたでしょ。それが彼の弟だけど、あなたより二歳ぐらい年下じゃないかな? 仲良く二人で話してるのを見たことがあるけど」

「そういえば、そんな男の子がいて、バスの中でも一緒にお喋りしてた気がする」

 その男の子の顔を思い浮かべると、なんとなく彼に似ていた。

 最後に母親は恐ろしい発言をした。

「母親同士が知り合いなのを知ってるみたいで、よくすれ違うけど、きちんと挨拶してくるわよ。あのお兄ちゃん……カッコいいよね。見た目は派手でじゃないけど、真面目で誠実そうだし。あなたもあんな感じの人を目指しなさいよ!」 

 この親にしてこの子あり。流石はボクの母親だと思った。

<つづく>

同性への憧れと恋愛の境界線<5>

 彼のことを好きになってから、授業中にノートを開いては彼の名前(以下、仮名だけど『横溝』と記載する)を見てドキドキしていた。そして通学途中、彼と偶然に出会わないかいつも期待していた。

 初めて年上の男性を好きになった。こういうのを憧れの先輩と言うのだろうか。

 中学時代に好きになったN君のことを思い出していた。ボクは初対面なのに、いきなり声をかける来る人に憧れてしまうらしい。N君に憧れて、それから好きになって、中学時代に比べて人と接することが苦手ではなくなっていたけど、それでも心のどこかでコンプレックスを抱いていた。

 ボクの同性を好きになる過程は、大体パターンが決まっていた。

 自分に足りないものを持っている人に対する憧れから始まって、相手に好奇心を抱いて観察していくうちに、気づいたら恋愛に変わってしまっていた。もちろん中には憧れを抱いただけで、恋愛にまで進まないで終わった人も沢山いた。ボクの恋愛対象が同性ではなく異性だったら、そもそも好きになる相手に対して、ここまで強く憧れといった感情を持たなかったではないかと思う。

 あばたえくぼなのか、ボクには彼が手の骨をボキボキと鳴らす姿さえ、かっよく見えるようになったきた。医者になりたいという夢に真っ直ぐ進んで行く彼の姿もかっこよかった(なぜ医学部を目指すようになったのか理由も知っているけど、ここには詳しく書けない)。

 塾に通い始めて数ヶ月が経ったある日のことだった。

「塾の調子はどうなの?」

 塾から家に帰ると母親が質問をしてきた。調子も何も全く勉強をしていないのだが、適当に話を合わせることにした。

「うん……特には問題はないよ」

 心配なのか母親は根掘り葉掘り状況を訊いてきたけど、適当にかわしていた。ボクはめんどくさくなったので、話をそらそうと別の話題を振った。

「そういえば……塾に医学部を目指している人がいるよ。少し変わった人だけど」

「ふ〜ん」

 母親は興味がなさそうだったけど、ボクは話を続けた。

「横溝っていう人なんだけど……」

 急に関心を持ったように母親がボクの顔を見て質問をしてきた。

「もしかして横溝さんの子供じゃない? メガネかけて大人しそうな感じの子でしょ?」

 母親の言っている人は彼に間違いないと思った。ボクは驚きを表情に出さないようにして訊いた。

「そうだけど……知ってるの?」

「あなたが小学生に入学した頃から、横溝さんのお母さんとは会えば話をする仲だけど、息子さんもよく見かけるから知ってるわよ」

 ボクらの両親は知り合いのようだった。
 
<つづく>

同性への憧れと恋愛の境界線<4>

 彼のことが好きになり始めていたけど、名前も分からずに、悶々として数週間が過ぎた。

 ある日、塾から家に帰ろうと ボクは靴を履いて外に出た。塾には彼と先生の二人が残っていたので、まだ残りたい気分もしたけど、用事もないのに残っているわけにはいかなかった。

 一緒に帰りたかったな……でもボクと話すことなんてないだろうし迷惑だろうな。

 そんな気持ちを抱きながら、駐輪場まで歩いていった。駐輪場には二台ほど自転車が駐まっていた。ボクは自分の自転車とは別のもう一台の自転車に目が向いた。

 先生は塾まで車で来ているから、もう一台は彼の自転車なのかな。そういえば、前にすれ違った時も、この黒い自転車だったような気がする。

 ボクは薄暗い街灯に照らされている黒い自転車を注意深く見た。

 その自転車はボクの自転車と同じ販売店のシールが貼られていた。ボクの学区に住んでいる子供の大半が、その販売店で自転車を買っていた。自転車を見ていると、筆を使って綺麗な字で、ある名前が書かれていることに気がついた。

 もしかして……これが彼の名前なのかな。いや間違いない。これは絶対に彼の名前だ! 

 ボクの自転車にも同じ筆跡で自分の名前が書かれていた。その店で買った自転車には、購入者が断らない限り、いつも同じ筆跡で使用者の名前が書かれている。物心がついた頃から、その販売店の店長とも知り合いで、心を込めて、すごく丁寧に使用者の名前を書いてくれることを知っていた。店長のおかげで彼の名前を知ることができ、ボクは心から感謝していた。

 ようやく彼の名前を知ることができた。忘れないように何度も何度も自転車に書かれた名前を見て、頭の中に叩き込んだ。薄暗い自転車置き場で一人で笑顔になっていた。そして嬉しくて笑顔で自転車を漕いで家まで帰った。笑っているボクの顔を、通り過ぎる人が不審そうに見ていたけど、笑いを止めることができなかった。そして家に帰ってから、すぐにノートを開いて、片隅に小さく彼の名前を書き込んだ。

「よし! これで絶対に名前を忘れないぞ」

 嬉しくて寝る前にノートを開けて彼の名前を見ていた。ようやく彼の名前が分かったのだ。

<つづく>

同性への憧れと恋愛の境界線<3>

 彼とは週に二回ほど塾で顔を合わせるようになった。

 彼はボクの顔を見る度に、「おっす!」という挨拶をしてきて、ボクは真面目に「こんばんわ」と返していた。そして相変わらず手の骨をボキボキとマイペースに鳴らしていた。彼を観察していると、難しい問題を解くために集中すると無意識に手の骨を鳴らす癖があるようだった。

 彼と塾の先生と会話の断片から、彼はボクより二歳年上で別の高校に通っている三年生であること。そして医学部を目指していることがわかった。

 見た目も頭が良さそうだけど、実際に勉強もできるんだ。でも本当に変わった人だな。    

 そんなことを思いながら、真面目に黙々と勉強している彼を見る度に、塾で適当に時間を潰しているボクには眩しく見えた。

 彼と出会ってから一ヶ月ぐらい経った。高校の通学中に何度か自転車に乗っている彼とすれ違った。今まで気が付かなかったけれど、同じ学区に住んでいるようだった。恐らく彼の顔を覚える前からも何度かすれ違っていたのだろう。

「おっす!」

 彼はボクの姿が目についたら、すぐに気軽にいつもの挨拶をしてきた。

「おっす!」

 勇気を出してボクも同じように声をかけると彼は笑顔で通り過ぎていった。それからも何回か通学中の彼とすれ違うことがあった。その度にお互い同じ挨拶を繰り返していた。でも挨拶はするけど、塾で会っても何か特別に会話をすることはなかった。

 この時期からボクの中で、彼への好奇心がどんどん増して来ていた。そして気がつくと好奇心から恋愛感情に近い感覚に変化しつつあった。

 ボクは彼の名前も知らなかった。

 どうしても彼の名前を知りたくてしょうがなかった。いきなり先生に訊くわけにはいかないし、本人に訊く勇気もなかった。

<つづく>

同性への憧れと恋愛の境界線<2>

 ある日塾に行くと、ボクが来たのと入れ替わりに、先生が小学生の生徒の送迎をするため出かけていった。先生が送迎でいなくなることはよくあったので、ボクは窓を開けて席に着き教科書やノートを開いて勉強をしている振りを装った。

 先生は三十分近くは戻って来ないだろう。

 季節は秋になり、網戸越しに外から鈴虫の鳴き声が聞こえていた。ボクは耳を澄まして鳴き声を聞きながら物思いにふけっていた。

 そんな時、玄関が開く音がした。そして靴を脱いで廊下を歩く音が聞こえてきた。教室は三室ほどあったけど、ボクのいる教室にどんどん近づいて来ているのを感じた。

 先生が思ったより早く戻った来たのかな。

 ボクは鉛筆を持ってノートに何かを書き込み、真面目に勉強しているかのような振りを装った。ちょうどその時、教室のドアが開いた。上目遣いに見ると、見知らぬ男性がそこにいた。その男性とボクは正面から目が合ってしまった。目が合った瞬間だった。

「おっす!」

 軽く手を上げてその男性はボクに声をかけて来た。

「こんばんわ」

 慌ててボクは挨拶した。全く知らない人から「おっす!」と声をかけられ、面食らっていた。この塾で初めて見る顔だった。初対面で会っていきなり「おっす!」とか変わった人だな。まるで不審者を見るかのようにボクはその男性を見た。

 彼はこの塾に通い慣れているのか、余っている席に着いて、カバンから筆箱や参考書を出して、黙々と勉強し始めた。彼がいる手前、ボクもノートに何かを書いて勉強している振りをした。そして彼の様子を伺っていた。

 彼はメガネをかけて、ジャージのような室内用の服装でとても地味だった。物静かで真面目そうな感じがした。落ち着いた雰囲気から、ボクよりは一歳か二歳は年上のように思えた。

 しばらくすると彼は急に手の平を合わせて、指の骨をボキボキと鳴らし始めた。それから一分経っても二分経っても鳴らすのを止めようとしなかった。室内に二人だけの状態で、彼の骨がボキボキとずっと鳴り響くのである。彼はボクがいることを全く気にしていないようだった。

 この人はマイペースで相当に性格が変わってるな。それが彼への第一印象だった。

 そんな彼との出会いが、現在に到るまでボクに影響を与えることになるとは夢にも思わなかった。 

<つづく>

同性への憧れと恋愛の境界線<1>

 同性愛者の恋愛観について紹介したい。

 恋愛観といっても、あくまでボク独特の恋愛感になると思う。過去に何人かのノンケや同性愛者に、この話を打ち明けたことがあるんだけど、みんな一様に「変わってるね」と言われたので、やっぱり一般的ではないのかもしれない。

 この話は高校一年生にまで遡る。

 ボクは数学が苦手だった。いや正確にいうと数学のレベルに達する前に、算数のレベルから苦手だった。中学二年生になった頃から、数学で証明問題という厄介な敵が、教科書に出始めたぐらいから数学についていけなくなっていた。それでも中学生くらいまではなんとか授業にはついていけたのだが、高校生になってからは、完全にお手上げという状態になった。

 そもそも答えが一つなら、得意な人が問題を解けばいいじゃん。

 そんな屁理屈を言っては、数学を勉強することから逃げていていた(社会人になってから、真面目に勉強しておけばよかったと後悔することになるのだけど)。

 好きな授業は現代文と古文という文系科目で、理系科目の授業は全くと言っていいほど、苦手な上に興味が持てなかった。数学の授業は家から持って来た小説を、教科書で隠して読む時間に変わり果てていた。

 もともとボクの家系は全員が文系だった。

 文系の家族は、理系の科目を教えることもできずに色々悩んだ結果、塾に行かせることに決めた。ボクは自宅から自転車で十五分ほどで通える個人塾に通うことになった。何故、その塾に通うことになったかというと、ボクの兄も数学が苦手だったので、その個人塾に通っていたのだ。兄もその塾に行くことで、なんとか数学という荒波を乗り切ったので、ボクも同じように、その塾に丸投げされたのだ。

 その塾の先生は六十代の男性で、以前はどこかの高校の数学の先生をしていたらしい。先生が個別に授業を行っていくというよりは、生徒は塾に行って教科書や参考書や問題集を持ち込み勉強して、分からない所を先生に質問するという形式だった。

 そんなこんなで始まった塾通い。ボクの親は大きな誤算していた。

 ボクは兄以上に数学が超苦手だったのだ。塾で分からない所を先生に質問する前に、自分がどこを分からないのかすら分からない状態だった。暗中模索、五里霧中な状態だった。塾に丸投げしておけばよいという打算は脆くも崩れ去っていた。

 ボクは塾に来て、ぼおーと窓の外を見て時間を潰していた。ただ塾にいる三時間が無駄に過ぎていた。

 そんなある日、とある出来事を境に急に自発的に塾に通うようになった。

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<20>

 有料ハッテン場では多くの人に出会って語り合いをしながら肉体関係を持ってきた。その中で、ボクとかなり似た価値観を持つ人にも出会ったことがある。相手も気が合うと思ってくれて、お互いの携帯番号やメールアドレスを交換した。何度か店で待ち合わせして肉体関係を持ったけど、それ以上の関係から進むことはなかった。

 「本気で付き合いませんか?」と言い出しそうになったけど、社会的に同性同士の結婚が認められていないからなのか原因は分からないけど、心のどこかで「どうせ無理だろう」と思い、結局は諦めてしまっていた。

 有料ハッテン場で、肉体関係を持つ度に思う。相手がどういった人間かもわからなくて「過去」もない。相手との関係が発展していくという「未来」もない。ただ……目の前の相手とセックスをしているという「現在」だけがあるだけだ。

 いつまでも、こんなことをしていては駄目だと思っているのだけれど、どうしたらこの状態から抜けられるのかわからない。日々の生活に追われていることを理由に真剣に向き合わないでいる。ただ向き会うのが怖いのだけれど。

 そこまで分かっていても、ボクは有料ハッテン場に行き続ける。独りで性的な欲求を処理するには限界があるし、ゲイであることを隠して生きているのだから、公の場での同性同士の出会いの機会なんて絶対にない。

 もしかして真剣に付き合える人が見つかるかもしれないという希望を抱いて有料ハッテン場に行き続けるしかない。

<おわり>