ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

ゲイ集う成人映画館の散策記<2>

「京都ハッテン場ガイド」というホームページに関して、書かなくてはいけない話がある。いつか書こうと思っていたのだけれど、この機会に書くことにする。 あれは大学2年の秋から冬の間のことだった。ボクは「京都ハッテン場ガイド」というホームページに出…

LGBTシンポジウム参加レポ<12>

ーーーディスカッションの続き →五十嵐氏 ありがとございます。私も印象に残っていることがあります。今でこそジャケットを着て「シュッ」とした格好で皆さんの前に立っていますが、若い頃はクラブイベントの主催をやっていました。30歳から10年間くらいクラ…

ゲイ集う成人映画館の散策記<1>

あぁ……「千本日活」か「シネフレンズ」のどっちかに一度行ってみたいな。 ボクはパソコンに表示された文章を読みながらそう思った。画面には「千本日活」というキーワードや「シネフレンズ」というキーワードをgoolgeで検索した結果が表示されていた。 京都…

LGBTシンポジウム参加レポ<11>

ーーーここからディスカッションが始まる ●コーディネーターRainbow Soup(レインボースープ)代表 五十嵐ゆり(下のtweet写真右端から2列目) ●パネリスト渋谷区総務部男女平等・ダイバーシティ推進担当課長 永田 龍太郎 (写真中央)九州レインボープライド代表…

LGBTシンポジウム参加レポ<10>

ーーーパネルディスカッションの続き ●福岡県弁護士会 LGBT小委員会 LGBT小委員長 石田光史氏 そもそも「弁護士会」というものがどんなものなのか、あまり知られていないと思いますので、少し説明させて下さい。よく「医師会とどう違うのか?」と言われるの…

LGBTシンポジウム参加レポ<9>

ーーーパネルディスカッションの続き ●株式会社 三好不動産 社長室 執行役員 松本茂規氏 三好不動産の「LGBTの部屋探し」の取り組みついてお話したいと思います。 弊社は1951年に設立した会社で、今年で67歳です。従業員が396名となっていますが、グループ会…

LGBTシンポジウム参加レポ<8>

ーーーシンポジウム後半のパネルディスカッションに続く パネルディスカションコーディネーター役●Rainbow Soup(レインボースープ)代表 五十嵐ゆり氏 私はNPO法人「Rainbow Soup(レインボースープ)」という団体の代表を務めております。特に我々はLGBTやSOGI…

LGBTの社会活動との関わり<9>

ボクにも「居場所」を自分で作れるような能力があればな…… パレードの参加者たちを離れた場所から見ながら思った。 きっとゲイブログを書いているchuckさんだったら、自分で居場所を作っちゃうんだろうけど、ボクには到底できないと思った。chuckさんはゲイ…

LGBTの社会活動との関わり<8>

ボクは「創作」で文章を書いてみたい。 さっきも書いたけど、ボクはゲイに生まれて悲観ばかりしてないし、ゲイで生まれてよかったとも思っている。ボク以外のゲイの人にも、ゲイで生まれたからと言って後悔してほしくないと思っている。そして恥ずかしいけれ…

LGBTの社会活動との関わり<7>

もう3歩前に歩けば、もっとパレードの参加者として溶け込むことができるんだろうな…… そう思いながら参加者の輪の端の方で躊躇していた。さっき受け取った緑色の団扇をもらって眺めていると、「自分もパレードの参加者なんだ」と連帯感のようなものが生まれ…

LGBTの社会活動との関わり<6>

結局……来てしまった…… 4月1日。ボクは熊本の「辛島公園」に来ていた。市内を走る路面電車を降りた時は12時を過ぎていた。熊本には熊本県立美術館の展覧会で何度か訪れていた。辛島公園の前も何度か通り過ぎていたので、公園の名前は前から知っていた。 それ…

LGBTの社会活動との関わり<5>

彼はボクよりも二歳年上で他の大学の学生だった。ボクは課外活動を通して彼と出会った。 ボクも彼もその課外活動の中で目立たない存在だった。本について話をしている時に、彼が「○○○って本が面白いよ」と話をしていた。他の学生は相手にしなかったけど、ボ…

LGBTの社会活動との関わり<4>

大半の乗客は大橋駅と二日市駅で降りていったので空いた席に座った。ボクの住んでいる街はまだずっと先にあった。 ボクは中学時代や高校時代に「いじめ」を受けていた。 ただ、いじめを受けたけど、ボクが「ゲイ」だったからいじめを受けた訳ではないと思っ…

LGBTの社会活動との関わり<3>

やっぱり……観るんじゃなかったな…… ボクはこの映画を観たことを後悔していた。 無音のエンドロールが終わってから、ボクは映画館から飛び出して足早に西鉄天神駅に向かった。 KBCシネマは博多湾の近くあって人も見当たらなかったけど、駅に近付くにつれて徐…

LGBTの社会活動との関わり<2>

そのまま川沿いを歩いて天神中央公園まで歩いて空いているベンチに座った。 公園の桜の木も満開で、川沿いと同じように花見の客でいっぱいだった。近くの済生会病院に救急車がサイレンを鳴らしながら入っていった。公園の広場では、花見には興味がないのか子…

LGBTの社会活動との関わり<1>

ボクはその場所に行くことで、これから自分の人生を変える何かが見つかるとずっと期待していた。 このサイトに文章を書き始めて約1年が経ってから、ボクはいろいろな場所に行くようになった。そして勇気を出して行った場所のどれもが新しい発見を与えてくれ…

LGBTシンポジウム参加レポ<7>

ーーー永田 龍太郎氏の講演が続く。 よくある問い合わせで、 「パートナーシップ証明書を取得すると、戸籍や住民票に何か記載されるんですか?」と訊かれます。 「申し訳ありません。区の取り組みなのでございません」と返答すると、 「それはよかったです」…

LGBTシンポジウム参加レポ<6>

ーーーここまでのボクの感想を書く ボクは大人になった今でもゲイとして生きていく上での「ロールモデル」の存在を求めていたりする。石川大我さんが書いた『ボクの彼氏はどこにいる?』という本のように、ゲイの人生が赤裸々に綴った文章をもっと読んでみた…

LGBTシンポジウム参加レポ<5>

ーーーここまでのボクの感想を書く ボクはどちらかというと「LGBT」という言葉が好きじゃない。 わざわざレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーと書かなくてもLGBTの一言で済んでしまう便利な言葉だから、ボク自身もこのサイトで文章を書…

10年ぶりのカミングアウト

ボクは隣に座っている女性の髪に桜の花びらがついているのに気がついた。 「髪に桜の花びらがついてますよ」「あらっ。さっき桜の木の下に座ってパレードを見てたから」 黒と白が綺麗に混ざりあっている長い髪に手を伸ばして桜の花びらを取ってあげた。きち…

人見知りゲイの異常生活<後編>

話はバス待ちをしていた少年と出会った冒頭に戻る。 ボクはバス待ちの少年と出会った翌々日(翌日は春分の日で休みだった)もいつもと同じように、同じ時間に仕事場に向かって出勤した。歩きながらふと前を見ると、あの少年と出会ったバス停が眼前とそびえ立っ…

LGBTシンポジウム参加レポ<4>

以前から、何度か触れているけど、ゲイの主人公が出てくる『しまなみ誰そ彼』という漫画本がある。ボクはこの漫画が好きで、先読み用のアプリまで入れて楽しみに読んでいる。第21話の最後のシーンで、主人公の「要介(かなめたすく)」と「誰かさん」という正…

LGBTシンポジウム参加レポ<3>

第一部 基調講演渋谷区総務部男女平等・ダイバーシティ推進担当課長 永田 龍太郎氏講演テーマ:LGBTは「いない」のではなく「見えていないだけ」〜すべての人が多様な性(セクシュアリティ)を生きている〜 現在、パートナーシップ制度を持っている自治体は7…

LGBTシンポジウム参加レポ<2>

会場に入ってしばらくすると「会場内の写真撮影や録音は禁止」だとアナウンスがあった。 ただ、実際にシンポジウムが始まるとディスカッションの最中に、一般の参加者の中で、シャッター音を鳴らしながらスマホで撮影をしている人がいた。でも特に注意はされ…

LGBTシンポジウム参加レポ<1>

福岡市が3月25日に開催した『LGBTシンポジウム〜多様性を認め合う社会の実現を目指して〜』に出席した。開催場所は天神の福岡市役所だった。前日も天神で開催されたライブに行ったので2日続けて天神に訪れていた。 ボクは11時に天神に到着して、天神コアの地…

遠い場所の君へ<3>

「あの……」 後ろからボクが声をかけたことに気がついて、彼は振り返った。 「今日は福岡まで来てくださってありがとうございます」「あっ……どうもこちらこそ」「前回は福岡の薬院でライブをされましたよね? そちらも行きました」「あぁ……前回のライブも来て…

遠い場所の君へ<2>

工藤慎太郎さんは音の調整中に突然に歌い出した『なごり雪』で、会場の全体の空気を掴んでしまった。それから開始時間が来ると再びステージに上がって歌い始めた。福岡空港でのタイヤパンクの影響で成田空港から出発する予定の飛行機は欠航してしまって、飛…

遠い場所の君へ<1>

この文章は自分への思い出の1ページとして残しておくことを目的として書きます。読んでいてつまらないかもしれないけど、ボクの中ではとても大事な思い出なので読んでくれると嬉しいです。 昨日、2018年3月24日に「ある人」のライブに行った。このゲイブロ…

人見知りゲイの異常生活<中編-2>

「ヤシュチャク」のBL妄想は急停止することになった。ボクはニヤニヤしたマヌケな顔から、急いで真面目な神妙な顔に戻した。 「すみません。ここのWi-Fiの繋ぎ方教えてもらえませんか?」「えぇーと。ユーザー登録はしてますか?」「ユーザ登録って何ですか…

人見知りゲイの異常生活<中編>

よくよく思い返してみると、ボクはよく街中で見知らぬ人から声をかけられる。 日本人・外国人の区別を問わずに道を尋ねられることは頻繁にある。ただ……それだけでは飽き足らず、先日も「電車の中にカバンを置いたまま降りてしまってお金を貸してくれないでし…