ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

最近のあれこれ

あるLGBT活動家を見て感じたこと

最近、ボクと同じゲイの方と福岡市内で会ったりはしているけれど、5月上旬に東京レインボープライドに行ってから、LGBT関連のイベントにも何も出ていない。 少なくともボクの周辺では何のイベントも行われていないように感じる。 春先には、かなりのイベント…

ゲイ同士で心が通じ合った瞬間

先週、仕事終わりに喫茶店に立ち寄った。 早く読みたい本があって、一気に集中して読むための環境として喫茶店を選んだ。コーヒーを受け取って空いてる席に座ると、10メートルくらい離れた席に座っている男性の姿が目に入った。 あれ……どこかで見た顔だな。 …

或る朝の出来事

ヤバイ! 寝坊した! ついさっき。朝起きて目覚まし時計を見たら5時40分だった。いつもは4時半に起きている。完全にアラームのセット忘れだ。そんな訳で20分で急いで朝の出勤準備をした。 こりゃ……ゲイブログを書く時間がない。どうやって確保しよう! こう…

ゲイという側面以外を自己紹介すること

今更だけど、近々『自己紹介のページ』の文章を追加していこうと思っている。 現時点では、書いてある自己紹介のページは、以下のような内容だ。 はっきり言って、ものすごく雑な自己紹介だと思う。 実際には、この『自己紹介のページ』なんて、全く役に立っ…

ゲイブログ仲間はどうやって文章を書いてるんだろう?

このサイトの文章を書きながら「他のゲイブログを書いている人たちは、どうやってブログを更新してるんだろう?」と思うことがある。 家で書いている人たちもいるだろう。喫茶店のように外で書いている人もいると思う。ボクといえば、家で書くほうが圧倒的に…

逃げきれないカミングアウトした過去

みんながこの文章を読んでいる3時間前に母親と電話で話した。 もともと母親からは、2週間に一度くらいのペースで電話がかかってくる。特に何か用事があって会話している訳でもなく、ただ何となく電話がかかってくる。数年前に兄貴は結婚してしまった。定年を…

人見知りゲイの異常生活<後編>

話はバス待ちをしていた少年と出会った冒頭に戻る。 ボクはバス待ちの少年と出会った翌々日(翌日は春分の日で休みだった)もいつもと同じように、同じ時間に仕事場に向かって出勤した。歩きながらふと前を見ると、あの少年と出会ったバス停が眼前とそびえ立っ…

人見知りゲイの異常生活<中編-2>

「ヤシュチャク」のBL妄想は急停止することになった。ボクはニヤニヤしたマヌケな顔から、急いで真面目な神妙な顔に戻した。 「すみません。ここのWi-Fiの繋ぎ方教えてもらえませんか?」「えぇーと。ユーザー登録はしてますか?」「ユーザ登録って何ですか…

差別の境界線について思うこと

今日は同性愛関係とは、ほとんど関係ない話を書いていきます。 最近、晩御飯を食べながらyoutubeに掲載された『笑点』の過去の動画をChromeキャストでテレビに映して見ている。なんで今更、笑点の動画を見ているのかと訊かれれば、以前にサイト内でも書いた…

ゲイブログのLINEグループが始まった

現在、『ゲイブログを書く前後』を書いている途中だけど、chuckさんが以下の記事を書いてくれた。 この件に関して『ゲイブログを書く前後』の文章に入れ込んでしまおうかと思っていたけど、ゲイブログを書き始める前と、書き始めてから1年間に起こった出来…

春になるのが待ち遠しい

今日は最近、思っていることを書いていきます。 あまり詳しくは書けないのですが、来月に福岡で開催されるLGBTのイベントに参加するつもりです。それと春に開催される福岡のイベントと福岡県外のイベントに可能であれば2つとも参加してみようと思っています…

今年のこと、来年のこと

まだ数日あるんだけど今年1年間の振り返りをします。 今年は自分にとっては貴重な1年でした。 社会人になってからは、ほとんどゲイとして活動しておらず……というか自分がゲイであるという事実に向き合うのが怖かったんです。それがそろそろ年齢的にも身体的…

自分の心境の変化に戸惑っている

先週、仕事場でこんな会話のやりとりがった。 「あの人って性格が’ドS’だよね?」「むしろ、ああ見えて’ドM’なのかもしれないよ?」 そんなことを二人の同僚が雑談していた。他部署に年配の社員がいて、その人のことについて雑談していたのだ。その年配の社…

ゲイの性病に対する不安感

ここ最近は全く有料ハッテン場に行っていない。ボクは冬になると行くようになるんだけど、気温が寒くなると人肌が恋しくなってくるのかもしれない。有料ハッテン場には行かないけど、たまに有料ハッテン場の掲示板だけウォッチングしている。 先日、その掲示…

このサイトの今後について

今回は、このサイトの今後について書きます。 実は最近になって書き始めたコンテンツ紹介だけど、書かなくてはならない紹介記事が異常な勢いで増えている。今まで同性愛の要素を含む映画や書籍はむしろ避けてきたんだけど、ついに関が切れてしまったようだ。…

ゲイにとっての保毛尾田保毛男

おぉ……懐かしいキャラクターが登場したな。今日の夕方に「保毛尾田保毛男」に関するネットの記事を見た時にそう思った。 現在、読んでいる『カミングアウト・レターズ』という本の中にも、以前に読んだ石川大我さんの『ボクの彼氏はどこにいる?』という本の…

ゲイアプリの写真について思うこと

ゲイアプリについては、いつか詳しく思う事を書こうかと思っていたけど、そのゲイアプリに載せている写真について言及された以下の記事がありました。 ボクもゲイアプリは使ったことがあるんだけど、すぐに止めてしまった。実はゲイアプリを使っていた際、go…

同性愛コンテンツに触れる勇気

このサイトで、最近になってからコンテンツのレビューを開始した。同性愛に関する本や映画などを見て感想を書いている。 このレビュー記事がなかなか苦しい。 いや……正確には、レビュー記事を書くのはいいのだけれど、そもそものコンテンツを鑑賞するのが苦…

ちょっと変わった観光方法

今回は同性愛とは全く関係のない話だ。 実は二日前から福岡以外の場所にいる。転職前の職場は客先のシステム導入がある度に出張に行っていた。転職後は仕事で滅多に福岡から出ることがない。仕事で県外に行くのは久々だ。 福岡から遠く離れた日本海側の街に…

同性愛がテーマのブロガー仲間たち<2>

このサイトの記事だけど、ある時期から特定の誰かに宛てて文章を書いいることが多い。ある記事がまるごと誰かに宛てて書いているときもあるし、文章の断片的に誰かに宛てて書いているときもある。誰に宛てているかといえば、実際に知り合った同性愛者だった…

同性愛がテーマのブロガー仲間たち<1>

先日、ボクのサイトの記事についてchuckさんに言及していただいた。 このサイトの文章を書く際、手書きのメモ帳を見ながら書いている。サイトに載せる文章の草稿をメモしているページもあるし、いつか触れたい内容をリスト化してメモしているページもある。…

ゲイとして生きる場所を作ること<4>

ボクが同性愛者として一歩を踏み出せないのは、この辺にあるんだろうなと思いながらコメントに対する返信を書いていた。 ボクはまだ同性愛者として生きて行く覚悟ができていないのかもしれない。 心の中のどこかで、自分がゲイであることを認めたくないとい…

ゲイとして生きる場所を作ること<3>

昨日の記事の続きを書きます。 地元の人たちと関係を築いていくのが難しいと痛感したので(まだ継続して活動は続けているけど)、いろいろ考えた結果、このサイトを書き始めてみた。このサイトを始めた理由は以下の記事に書いてる。 このサイトを始めるのに…

ゲイとして生きる場所を作ること<2>

先月に書いた以下の記事の続きを書きます。 ボクは生きて行く場所を自分独りで作っていなかなくてはならない。それには別に同性愛者に限定する必要はなくて、ボクの住んでいる地域の人たちと関係を築いていかなくてはならないけれど、それがなかなか難しいと…

銭湯で起こったあることについて

先日、以下の記事を読んだ。 銭湯について思うことを書きたい。 まず断っておくけど、ボクはゲイだけど銭湯で変なことをしようとは思わない。そもそも男性を好きになるけど、あまり男性の裸は見たくないし、恋愛感情を抱いてもない相手の裸を見ても何の感情…

ゲイとして生きる場所を作ること<1>

少し前に以下の文章を書いた。 この文章を書いた後、ボクが故郷に何の後ろめたい気持ちもなく堂々と帰れるのはいつになるのだろうと考えてみた。これは少し書きにくい話になるのだけれど、きっとボクが故郷に安心して帰れるのは、恐らく親が亡くなった時だろ…

同性愛者として生きる時間

最近は「時間」という言葉に敏感に反応してしまうことが多い。昨日の記事に、ゲイ向けの出会い系アプリに関して書いた以下の文章は、ボクの最近の心情そのものだ。 『昔やったことはありますけど、今はやっていないですね。何だか時間が勿体無いような気がし…

清潔感って大事だよね

少し前に投稿されたヤシュウさんの記事を読んだ。あぁ……わかるわかると思いながら、自分も同じような体験をしたことがあった。 ボクは口臭がキツイ人とは、どんなに好みの顔をしていても、関係を持つのは無理だ。 ちなみにボクは歯磨き+デンタルフロス+電…

僕が有料ハッテン場に行ってしまう理由

有料ハッテン場に行く時、ボクはいつも店の前で立ち止まってしまう。なかなか店に入る勇気が出なくて、大学時代は三十分ぐらいかかって店に入っていた。社会人になってから回数を重ねても十分ぐらいかかってしまう。何も迷うことなく店に入れた試しがない。 …

隠れゲイは就活にものすごく強いのかもしれないの記事を読んで

今日、以下の記事を読んだ。 後半の就活の話は置いといて、前半の「嘘」に関する話は「ゲイなら分かるだろうな」と思いながら読んだ。記事の投稿者は二十一歳で、ボクもそれくらいの年齢までは「嘘」をつくことに罪悪感を感じていた。ただ……そのうち「嘘」を…