ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

第12章 インターネットの同性愛世界

インターネットの同性愛世界<8>

その人は◯◯◯を弄っていたが、興奮してきたのか鼻息が荒くなってきた。ボクはなんだか痛々しくなりその人から目をそらした。あらかじめネットでハッテン場の体験談を見ていたから、銭湯の時ほど驚きはしなかった。ただ・・・どう対応したらいいのか困っていた…

インターネットの同性愛世界<7>

ボクは驚いて立ち尽くしたまま、森の中のタバコの明かりを目で追っていた。すると向こうもボクの存在に気づいたようで、タバコ明かりが徐々に近づいてきた。枯葉を蹴散らす音や、道に落ちている枝を踏んで折れる音が森の中に響き渡っていた。 「怖いな……この…

インターネットの同性愛世界<6>

「あの公園に深夜になると同性愛者の仲間が集まるのか目で確かめてみたいな・・・」 ボクの気持ちは日に日に強くなっていた。そんな時にちょうどゼミの飲み会があった。飲み会の場所はあの公園の近くで、15分くらい歩けば着く距離だった。ボクは密かに飲み会…

インターネットの同性愛世界<5>

「よし・・・勇気を出してハッテン場に行ってみよう!」 数日後、ボクはようやく決意した。大学の講義が終わり友達と別れたボクは原付に乗ってサイトで紹介されていたある公園に向かった。今からボクが向かう場所を友達が知ったらどう思うだろう・・・少し後…

インターネットの同性愛世界<4>

このサイトを見ていると、本を読む以上にリアルな同性愛者の世界を教えてくれた。そして徐々にハッテン場がどのような場所なのかわかってきた。ボクが住んでいた京都市内には、大きく5種類のハッテン場があるようだった。 ①公園や観光地などの野外 サイトの…

インターネットの同性愛世界<3>

京都ハッテン場ガイドというホームページだが、存在したのは今から10年近く前の話だ。ボクが大学を卒業してから間も無く閉鎖されてしまい、現在は見ることができなくなっている。恐る恐るサイトを表示したボクは少し驚いた。どこかの危ない企業が運営してい…

インターネットの同性愛世界<2>

はじめて同性愛についてインターネットで検索をしてみた。そして検索結果が表示されるのをドキドキして待った。 「とうとう踏み込んでしまった・・・」 ボクはそう後悔しながら恐る恐る検索結果を見た。 「あれ?大丈夫そう・・・」 予想に反して、検索結果…

インターネットの同性愛世界<1>

春休みが終わり大学2年生になった。 「同性愛の世界と逃げずに向き合う」 実家から大学のある京都に戻ってきたボクはそう決意をしていた。そして同性愛と向き合うためにあるものを使うと決意していた。同性愛に関する本を読んでも、得るものがなかった時から…