ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

第40章 ゲイとしての居場所作り

「居場所作り」に関しては、思いついたら書き足しています。だから考えが度々変わると思いますが、それも含めて楽しんでいただけと嬉しいです。

ゲイとしての居場所作り2018年夏(結編)

ここ数ヶ月間でも、ゲイアプリについて言及している人がいて何個かの文章を読んだ。ゲイアプリの自己紹介欄について言及している人もいた。でもゲイアプリの自己紹介欄に書けることなんて字数制限もあって、たかが知れているだろう。 一人の人生について数百…

ゲイとしての居場所作り2018年夏(転編)

自分自身の人生を使って実験をしているんだけど、一つだけはっきりと「テーマ」にしていることがある。 そのテーマは、このサイトで何度も取り上げている『僕たちのカラフルな毎日』(著者:南和行+吉田昌史)に書かれている。 学生とかまだ若いうちは、パッと…

ゲイとしての居場所作り2018年夏(承編)

この先、文章を書き続けていけばいくほど「自分のため」に書くという割合は減って、「読者のため」という割合が増えていくと思う。 「自分のため」に文章を書く割合が減る中で、毎日更新するのを止めて土曜と日曜は休もうかとも考えていた。そこには、もっと…

ゲイとしての居場所作り2018年夏(起編)

不定期に書き進めている『ゲイとしての居場所づくり』の章の続きを書くことにする。この章に関しては、現在進行形で続いていて、書き進めていると「数ヶ月前に書いていることと全く逆じゃない?」と指摘が来るような事態にもなってしまうかもしれないけど、…

ゲイとしての地方での居場所作り<結編>

面倒くさいものを排除し続けていったら死んだと同じような状態になってしまう。だって生きて行くこと自体が、そもそも面倒くさいものだから。 このサイトで何かを求めて文章を書き続けていって、面倒くさいものを排除していって、結局は一番面倒くさいもので…

ゲイとしての地方での居場所作り<転編>

これから書いていく、ボクの気持ちの遷移を文章にするのは初めてだ。 当初は2月から3月に書いた『ゲイブログを書く前後』の中に入れようかと思ったけど話が逸れてしまうので削ってしまった。 このサイトを書き始めた当初。 文章を書くための時間を毎日確保す…

ゲイとしての地方での居場所作り<承編>

ここまではボクが作ろうとしている居場所について書いてきた。 それにしても偉そうに書いてみたけど、きちんと自己紹介するとか、そもそもゲイとして人間関係を築くとか以前の話で、人として人間関係を築く際にするべきことだと思う。いい年齢の大人が、そん…

ゲイとしての地方での居場所作り<起編>

今日、chuckさんが以下の文章を書いていた。 うにょさん(旧姓?:高橋さん)は、ボクと同じように「居場所を作ること」について悩んでいると以前から思っていた。だからchuckさんが、うにょさんの近状を書いてくれたので、彼がどう悩んで行動しようとしている…

ゲイとして福岡で生きていくことに決めた

先ほど文章を書こうと、はてなブログの管理画面を見て、昨日の記事でちょうど「500個目」になったことに気がつきました。 よくもまぁ……こんなに毎日文章を書き続けたと自分でも思います。 1つ1つの記事が原稿用紙で、少なくても2枚〜3枚。多くて5〜6枚には…

ゲイとして生きる居場所を築くこと<後編>

昨日の話の続きを書きます。 ここからの文章は、東京などの「都会」と「地方」とで多少状況が違うと思うけど書き進めて行く。 ボクは福岡に住んでいるけど、福岡市からは離れた場所に住んでいる。「都会」に足を伸ばすことはできるけど気軽に通うこともでき…

ゲイとして生きる居場所を築くこと<前編>

よくコメントを投稿してくださる川上さんから以下のようなコメントをもらった。 以前からなんで神原さんは掲示板とか使わないのかな?と思っていましたが、やっと解りました。拘りたい出会いが有るんですね。 「拘りたい出会い」という言葉を見た時、「そう…