読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

僕のスタバ男子が女性にロックオンされた

ノンケ友人とのトーク




前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です。

神原:ボクのスタバ男子が奪われた・・・

村上:スタバ男子?佐川男子みたいなもん? 前から喫茶店とかスタバに行ってサイト更新するついでに男を物色してるって言ってたよね。

神原:物色とは人聞きが悪い! さっきまでスタバにいたんだけどね。前から気になってた、ちょと可愛い系の背の低いサラリーマンがいるんだけど。よくスタバにパソコンを持ち込んで仕事をしてるんだよね。そのスタバ男子にアマが近づいてきて、挨拶した後にいきなり「目がキラキラして綺麗ですね!」とか話してやがった!

村上:それはまた積極的な・・・その二人は初対面なの?

神原:会話している二人の方を見ないで、聴力全開で聞いてたんだけど、その女性も以前からスタバにパソコンを持ち込んで仕事をしているらしく、挨拶程度は交わす仲だったらしい。よく見ると美人だったんだけど、ボクはその女性のことを全く気づかなかったんだよね。

M田:女性が目に入っていないとは、君にとって美人だろうが何だろうが、人間の男以外の生き物は全て塵以下にまとめられるってことか・・・

神原:二人の会話を聞いてると、女性の方からfacebookのアカウントを教えたみたいで、ボクのスタバ男子に友達申請するように誘ってた。スタバ男子の方は面倒くさかったみたいで、適当に流してたけど、女性の方から「絶対連絡くださいねっ!」って何度も念押ししていた。。面倒臭そうにしてたのが唯一の救いだった・・・しかし・・・悔しい!悔しい!!悔しい!!!悔しい!!!!ボクの目の前でスタバ男子に手を出すなんて!

M田:どうあがこうが、もともと君に脈なんてないし、そもそも嫉妬してる君は痛いね。多分、そのスタバ男子も、その女性とfacebook上で仲良くやってるよ。お互いの日記に「いいね」って押し合ってさw しかし二人の会話を隣で盗み聞きしている君がゲイで、近くの席でこんな変態的なサイトの文章打ってるとか、思わないだろうな・・・ 

神原:ボクもスタバ男子に「いいね」ってされたいよ! でもボクのサイトを読んでもキモくて押してくれないと思うけど・・・