読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

同性を誘うようなメールは自粛します

ノンケ友人とのトーク




前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です。

神原:本当に危なかったよ・・・母親と電話で話してたんだけど、あやうくゲイの本性を母親の前で晒すところだったよ。

村上:どんな会話したの?

神原:実は母親と、君の話をしたんだよね。

村上:母親に俺のことを話すのは止めていただきたい! 

神原:話の前後は省くけど、母親と君の話をしている途中で「周囲がなんと言おうと村上さんはイケメンだし!」とか意味不明な発言を嬉しそうに言ってしまった・・・言った後すぐに「あっ・・・ヤバイ!」って思ったけど、もうどうしょうもないよね。

村上:それで母親の反応はどうだったの?

神原:母親「・・・・・」って感じで、5秒位沈黙だった。慌てて別の話題を振ったけどね。

村上:君がゲイなのを母親は感づいているでしょ?

神原:恐らく気づいてるよ。でも、これで君と僕との関係を母親は疑ってかかるだろうね。とりあえず君との怪しい関係を匂わしといて、一緒に実家に帰るときに備えておくのもありかな?ボクと一緒に「ヒヨコを持って気持ちを伝えに行こう」よ。

村上:そのヒヨコのCMって古いだろ・・・福岡限定のCMじゃないか?ちなみに一方的に思われても、凄く迷惑なんですが・・・過去に君から送られて来た気持ち悪いメールの数々を持って、警察署に行ってこようかな。

神原:それは止めてくれ!ボクが送ったメールはガチでやばいからね。ストーカーと思われても不思議ではない。裁判所の公開の場で読み上げられたら、判決が出る前に公開処刑されて死んでしまう。

村上:どれどれ・・・過去に来たメールを一通読むと、「村上さんと一緒に地元の花火大会に行きたいな。村上さんの浴衣姿を見たら可愛くて鼻血が出ますな。花火を見ながら手をつなぎたいな。」とか、同性からこんな最低のメールを送られて俺はどう反応しろっていうんだよ!

神原:もう読み上げるの止めて!恥ずかしくて死ぬる・・・