ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

代償行為はほどほどにします

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

神原:あぁ……過去の恥ずかしい恋愛話がようやく終わったよ。最後まで読んでくださった皆様。ありがとうございます。

 

村上:ちょっと異常な愛情物語だったね……

神原:よりそいあって暮らすことが〜♪ あなたのためにはならないこともある〜♪ しでかして来た過ぎた日々が私を許しはしないらしい〜♪ (* ̄0 ̄)θ~♪

村上:それ……何の歌?

神原:中島みゆきの『愛情物語』っていう歌だけど知らない? 愛情物語って言葉が出たのでついつい反応してしまった。特に一番目の歌詞がボクの気持ちに合ってるなって思うけど。

村上:知るか! 友達の家で卒業文集を見つけて読んだり、若干ストーカーぽい気がした。

神原:いや! ストーカーの域までは達してないでしょ? 彼に会うために病気でもないのに勤めてる病院に通院してるとかなら、ストーカーぽいけど。まぁ……偶然に病院の前を車で通り過ぎたことなら何度かあるけど。

村上:怪しいな……本当に偶然に通り過ぎたのやら。 (¬ω ¬*) 

神原:彼の名前を検索して、彼の書いた医学論文を読んだりしたことはあるけど。

村上:徐々にストーカーぽくなってきた。

神原:勤務先の病院のホームページを見る度に、診療科の紹介のページに彼の写真を載せろと抗議の電話やメールをしたくなる衝動に何度か駆られたことはあったけど。

村上:やっぱりストーカーみたいなもんだね。その横溝さんって人はどんな顔してるの?

神原:う〜ん。テレビをほとんど見ないから芸能人で例えることができないんだけど、何年か前にネット放送で、少し横溝さんに似た人を見つけたんだ。

村上:誰だろ……有名な人? 

神原:全く有名ではないと思う。ある会社の社長なんだけど。

村上:社長って聞くと、かなり年配の印象を持ってしまうけど。

神原:メルマガスタンドで『夜間飛行』という会社があるんだけど、その会社の井之上社長だよ。確か三十歳の後半くらいだと思う。

村上:夜間飛行? 全く知らない。

神原:横溝さんより、この社長の方が全体的におっとりした感じがするけど、顔の系統はかなり似てるよ。

村上:画像検索してみたけど……へぇ。こんな顔してるんだ。

神原:井之上社長もイケメンでしょ?

村上:同性だからなのか……俺には何がいいのか分からない。その社長を見ては代償行為してるんだ?

神原:見た目が似てるだけで、会ったこともない人に恋はしないよ。でもイケメンなんでトキめいてしまう。いつか親が病気になったら、彼の勤務先の総合病院に入院させるよ。もしくはボクが不治の病になったら彼の病院に入院するんだ。そこで数十年かぶりに彼と再会する妄想をしてるんだ。彼に看取られながら息を引き取るのもいいかな。うふふふっ  (*´∀`*)

村上:なるほどストーカーというよりは、ただのバカなんだね。直ぐに転院させられると思うよ。もしくは君はどこかの病院に措置入院させられるかもね。