ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

同性とのファーストキス<7>

「じゃあ、これであらすじは決まったね」

 ボクらはあらすじが決まって安心していた。そう思った矢先だった。

「オチが納得できないな……」

 A君がぼそっと呟いた。

「神原と結ばれるオチってどんな風になるのかな?」

 まだA君は納得できていないようだった。

「きっと……ボクと最後に出てくるメンバーが抱き合うんじゃない?」
「そういえば出てくる順番を考えてなかったけど、一番女装してして気持ち悪い奴が最後でいいよな?」
「はぁ……お前ら本当に分かってないよな」

 A君はヤレヤレという感じで呆れた感じの態度を取った。

「一番最後の奴は女装したら駄目だよ。さっきも言ったけど普通の男の姿のままで出てくるべきだよ」
「あっ……そうか男同士で抱き合ってる方が気持ち悪いのか」
「確かにストーリー的にも女装した奴が次々に出てくるけど、最終的に神原が選ぶのが普通の男って方が意外性があるかも」

 A君の異常な洞察力に、ボクらはただ感心していた。こいつは将来何の仕事に就くんだろうかと気になった。

「それに抱き合うだけじゃ物足りないな。ここは男同士でキスするのはどうかな?」

 A君から驚くべき提案がなされた。

「男同士でキス?」

 グループのメンバーが一同で「えぇ!」とか「嫌だ!」とか、悲鳴を上げて驚いていた。

「そりゃ……神原は男が好きだから問題ないだろうけど」

 ちょっと待て。勝手に決めないでほしい。ボクはまだ中学三年生だ。男同士でキスなんてしたことがない。女性を好きになる異性愛者なら可能性があるかもしれないけど、同性愛者で中学三年生でキスしている人はかなり稀だと思う。それに同性愛者とはいっても、好きでもない同性とキスするのは嫌だ。

<つづく>