ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

同性とのファーストキス<9>

 翌日の授業中、ボクはK君の様子を伺っていた。K君に対しては、一度も恋愛感情を抱いたことがないし、カッコいいとか可愛いとか思ったこともなかった。ボクの中でただの同級生というポジションだった。劇中とはいえ、好きでもない人とキスなんてしたくないけど、ボクよりもK君の方が可哀想だった思った。ボクは同性愛者だし、いつか同性ともキスしたいという願望を持っていた。それに引き換え、K君は異性愛者のはずだった。ジャイケンで負けた時の彼の心中を思うといたたまれなくなった。ボクとキスすると決まった後も、特に感情を出すこともなく、しょんぼりとした感じで黙っていた。彼が何を考えているのか、よく分からなかったし、訊く勇気もなかった。

 ボクは視線をK君からN君に変えた。

 この際、演技でもいいからN君とキスできればよかったな。

 そんな不埒なことを考えていた。N君を見ていると、思わず微笑みそうになるけど、授業中なので必死でこらえていた。もし劇中とはいえ、N君とキスできるのなら、修学旅行が楽しみで仕方がなかったに違いない。冒頭でも書いたけど、深夜遅くまで起きて、あれこれ妄想している中には、N君とキスしている妄想もあるわけで、それが妄想ではなく現実になるのだ。ただボクがN君に恋愛感情を抱いているのは、N君本が知らないだけで、ほぼ全ての同級生が知っていた。きっと邪魔されるに違いないはずだ。

 結局、ボクらのグループは修学旅行まで一度も集まって、打ち合わせすることもなく当日を迎えた。もちろんセリフも何も決まっておらず、各グループに分かれて京都市内を観光している最中に打ち合わせをしようという話になっていた。でも、そんな器用なことができるわけがなかった。女装をするメンバーは衣装や化粧道具など持って来たようで荷物が多かった。みんな女装はしたかったようで真剣なのだ。女装する必要のないボクとK君と荷物も少なくて身軽だった。

 ボクは憂鬱な気持ちを抱えながら、京都駅の新幹線ホームに降り立った

<つづく>