ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

同性愛者が存在する確率<6>

「そういえば、他校の方まで広まってたんだけど、ボクがホモだって噂とか聞いたことがなかったの?」

 彼と会ってからずっと気になっていることだった。ボクと金子君とは中学生になってからは別の学校に通っていた。小学時代の同級生から街中ですれ違った時など、「神原ってホモなの?」と訊かれたことが一度や二度ではなかったからだ。

「噂で聞いたような気がする。でもまさか神原に限ってないだろうと思ってた。だって神原って小学生の頃から、クソ真面目で優等生だったよね。同性を好きになりそうな要素は微塵も感じなかったよ」

 確かに小学生の頃は、優等生だった気がする。それが中学時代からは、がけ崩れになって目立たない生徒になっていた。そんな情けない話は見栄を張って黙っていた。

「まさか……神原ってこっち側って公開してたの?」
「うん……」

 ボクは恥ずかしさのあまり、目をそらして照れ笑いをしながら答えた。

「それって無防備すぎるだろ……」

 金子君は心底呆れたような顔をしていた。

「今でも不思議なんだけど、なんで公開したんだろうね」
「そうか……こっちの人たちって隠してる人多いけどね。神原の小学時代の知り合いでも、結構こっちの人っているよ」
「ボクの知り合いで?」

 ボクは大学生になってから、地元を離れていたので全く心当たりなんてなかった。地元の同性愛者事情には無知だった。

「そうだよ。さっき俺のメールに書いてたでしょ? ○○君とか●●君って、あいつらこっち側だよ」
「えっ……そうなの?」
「神原の書き込みを見て、あいつらが『大学から帰省してるとか』とか嘘のプロフで書き込んでるのかと思ったんだ。だから○○君とか●●君が書き込んだのかと思って訊いたんだ。二人とも地元に残ったままだよ」

 小学時代の○○君と●●君の顔を思い浮かべたけど、目の前の金子君と違って、全く女性らしい要素のない人たちだった。とても信じられなかった。なんで彼らの名前が急に出で来たのかと思ったけど、ようやく納得がいった。でも推測でゲイなん言うものではない。

「でもなんで、あの二人がこっちだって知ってるの? こっちの人っぽい仕草とかしてるの?」
「それは、あいつらとヤッたことあるから」

なるほど……それは説得力のある言葉だった。

「中学時代に○○君とは同じサッカー部だったんだ。俺が部室で着替えてるのをじっと見てたからこっちだって分かったんだ。それで誘って家でヤッたんだ。●●君とは掲示板の書き込み経由で、偶然に出会ったんだ」
「その後、二人とはどうしてるの?」
「何回かヤッたけど、そのうち疎遠になったよ」
「なんだか……ボクの小学校ってゲイの巣窟だったのかな」

<つづく>