ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

自分の心境の変化に戸惑っている

 先週、仕事場でこんな会話のやりとりがった。

「あの人って性格が’ドS’だよね?」
「むしろ、ああ見えて’ドM’なのかもしれないよ?」

 そんなことを二人の同僚が雑談していた。他部署に年配の社員がいて、その人のことについて雑談していたのだ。その年配の社員はかなり性格がキツイらしく、彼の部下になった社員は次々と辞めていくので有名だった。ボクは二人の同僚の雑談を聴きながら適当に相槌を打って聞いていた。そうしていると、笑いながら同僚の一人が言い出した。

「いや……むしろ今流行りの’LGBT’とかもありえるよね?」

 そう言ってボクに向かって同意を求めて来たのだ。一瞬……ドキッとした。何も答えが思い浮かばなかった。今までのボクなら軽く笑いながら冗談としていなしていたのに、それができなかった。

「そうですね……」

 ボクは苦笑いをするので精一杯だった。

「LGBTのうちどれになるの? ’ゲイ’かな? ’レズ’かな?」

 もう一人の同僚が笑いながら更に話しかけて来た。

「いや〜男だからレズはないでしょ? やっぱりゲイかな?」
「そうでもないかもよ。ああ見えて実は女かもよ?」
「いやいやあれで女はないでしょ? やっぱりゲイだって」
「’L’ってレズの意味なんでしょ? ’G’はゲイの意味でしょ? 残りの’B’と’T’って何なの?」
 
 二人の同僚は盛り上がって話していた。

「LGBTに関してあまり言うと問題がありそうですよね……」

 ボクはようやく頭をフル回転させてからそう答えた。それが限界だった。

「……」

 二人の会話が止まって少し間があって、その後は全く別の話題に変わっていった。

 他の話題を話している同僚を見ながら、「ボクの今の反応って不自然だったかな?」と心配になってきた。でもいつものように気の利いた返答ができなくなっている自分に驚いていた。今までのボクなら「あの人は確かにゲイでぽいですよね?」とか普通に言ってたはずだ。その言葉がどうしても出てこなかった。

 なんだか嘘をつくのが嫌になって来た。無理に嘘をついて、いつかボクがゲイであることを知られて嘘がバレるよりも、少なくとも嘘はついていない状態にしたくなってきた。

 誰から真剣に「神原ってゲイなの?」と質問されたら、恐らく認めると思う。

 今のボクの心境は「ボクは嘘はつきません。嘘をつかないで聞かれたことには答えます。でも聞かれなかったことには答えません」という状態だ。

 ここ一ヶ月ぐらいの間で、急速にボクの中での考え方が変わって来ている。自分でもどうして急に心境が変化しているのか整理がつかなくて怖いくらいだ。

 このサイトで毎日文章を書きながら、ゲイであることに向き合ってきた結果なのだろうか……とも思ったけど、それも腑に落ちない。誰かに相談して、この心境の変化を解きほぐしてもらいたいぐらいだけど、今は一人で落ち着いて心の中の整理をしている。自分の中でも「ヤケクソになってないか?」と心配になっている。だって少し前までは、このサイトで「カミングアウトを全く考えていない」と公言していたからだ。ただ職場でカミングアウトを控えているのは、別に職場の人たちに無理にゲイであることを知ってもらっても、お互いに大してメリットはないと思うからだ。職場の同僚のやり取りを聞いていると、カミングアウトが怖くなってくる。でも……もう何もしないで待っているのも嫌だ。

 待つことに時間を使うのなら、自分から何かに会いに行くために時間を使いたい。

 これから新しく出会う人達には、もう嘘はつかないで答えていきたい。例えそれがきっかけで避けられるにしても嘘はつかないで生きていきたいと思っている。

 う……ん。なんで急速に心境が変化していったのだろう。全くの謎だ。