ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ゲイブログを書く前後<7>

 真夜中に有料ハッテン場から家に戻って来て、すぐに文章を書くための準備を始めた。思い立ったらすぐに行動したくてたまらなくなった。

 もうこれ以上は待つのはやめようと思った。10年以上も待っていても誰も現れなかった。何も起こらなかった。それなら待つのは止めて自分で動いていこうと思っていた。

 ボクはパソコンの前に座って、どうやってネット上に文章を載せようかと考えていた。ホームページは管理がめんどくさいし、ブログなら手軽に文章を載せることができるのでブログを選択することにした。

 どうせ……どこのブログサービスも大して変わらないだろうし、chuckさんと同じ「はてなブログ」で始めてみようかな……

 社会人になってすぐの頃、ホームページを作成したことがあった。ゲイとは関係がない内容だけどブログも少しだけ書いてみたことがあった。だからブログ機能がどういったものかは知っていたから大体の要領は分かっていた。すぐに「はてなブログ」のアカウントを作成した。とりあえず早く書き始めてみたかった。

 それから適当なサイト名を考えて入力した。『ゲイですみません』とかいうサイト名だったのと思う……もう記憶が定かではない。それにサイト名は恥ずかしくて何回か変更することになった。今になって振り返ると、なんて情けないサイト名なんだろうと思う。

 とりあえずその日は、ブログのアカウントを作成して明日から文章が書ける所まで準備して寝た。

 そして翌日の夜になって、いざパソコンの前に座って文章を書き始めようと思った時だった。

ふと頭の中をある不安が横切った。

 ボクの個人体験をそのまま書いちゃうと……もしかしたらボクが誰のことか分かる人が出てくるんじゃないだろうか?

 大学時代からはゲイであることを隠して生きてきたから大丈夫だと思った。問題はゲイであることをカミングアウトしていた中学時代と高校時代だった。きっと同級生が読んだらボクのことに気がつくと思った。
 
 まぁ……あんまりボクの個人的な体験を踏み込んで書かなければバレないよね?

 そう開き直って文章を書き始めた。

 「あぁ……それでこのサイトが始まったんだね」

 読んでいる人の多くがそう思うだろうけど、それは間違っている。

 この恐る恐る文章を書き始めたサイトだけど、ボクが今文章を書いているこのサイトではない。今文章を書いているこのサイトは2017年2月6日に始まっている。それより半年以上前に存在したサイトだ。色んな理由があってこのサイトは3カ月も経たずに削除することになる。

<つづく>