ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ゲイブログを書く前後<19>

 暑い夏の日だった。

 その日は外出していて、ようやく家の近くまで戻って来た時のことだった。

 ポケットの中に入れていたスマホの着信音が鳴ったので、ボクは取り出してスマホの画面を確認した。画面にはスマホに入れている「はてなブログ」のアプリが更新通知が表示された。

高橋さんがあなたのゲイとして生きる君への読者になりました。

 スマホに「はてなブログ」のアプリを入れておけば、自分のサイトを読者登録してくれた場合に通知が表示される。さらにボクが読者登録しているサイトが更新された場合に通知が表示される。ボクはすぐに読者登録してくれた相手先のサイトのリンクを開いて、どんな人が読者登録をしてくれたのか確認した。

 サイト名は「 電子的独り言」で管理人は「高橋さん」。この人は本名なんだろうか? 僕と同じゲイみたいだな……とりあえずよくわかんないけど読者登録しておこうかなぁ……
 
 ボクは読者登録のお礼の意味を兼ねて、「高橋さん」のブログを読者登録した。それから家に戻ってパソコンを開いて、「高橋さん」のサイトに行って内容の確認をしてみた。


 20代のゲイの人が書いていてサイトの内容は主に書籍や映画などのレビュー記事が多いようだ。ゲイブログを書いている人の中でも、更新頻度は高いようでボクが読者登録してから1時間も経たないうちに、新しい記事が投稿されていた。
 
 そしてサイトを開いてまっさきに目に飛び込んで来たのは、高橋さんのキャラクターアイコンだった。

 ボクの子供の頃に、森永の「ぬ~ぼ~」と言うお菓子があった。CMで見かけただけで、どんな味のお菓子なのかは食べたことがないので全く知らない。ただ包装紙の黄色いお化けのようなキャラクターだけは、やたらと印象に残っていた。

 この人……「ぬ~ぼ~」みたい……でも「白いぬ~ぼ~」だ。

 ボクは「高橋さん」のサイトのアイコンを見たときに、まっさきに「ぬ~ぼ~」のことが頭に浮かんだ。そんな訳で、ボクの頭の中で、「高橋さん」は自動変換されて、「しろぬ〜ぼ〜」という呼称になっていた。高橋さんのサイトが更新され通知が来るたびに、「おっ! しろぬ〜ぼ〜のサイトが更新してる!」とチェックして高橋さんの文章を読み始めた(高橋さん……ごめんなさい!)。

 なんの前触れもなく突如現れた「高橋さん」。このなんとなく読者登録をした「しろぬ〜ぼ〜」こと「高橋さん」の書いているサイトが、まさか自分のサイトに多大な影響与えていくことになるとは全く思ってもみなかった。

 ゲイブログを書いている人で大きな影響を与えてくれた人。1人目が「chuckさん」。2人目が「ヤシュウさん」。そして3人目の「高橋さん」が現れた瞬間だった。恐らくこの日に「高橋さん」のサイトを読者登録していなかったら、このサイトは10月くらいに閉鎖していた。

<つづく>