ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ゲイとして福岡で生きていくことに決めた

 先ほど文章を書こうと、はてなブログの管理画面を見て、昨日の記事でちょうど「500個目」になったことに気がつきました。

 よくもまぁ……こんなに毎日文章を書き続けたと自分でも思います。
 
 1つ1つの記事が原稿用紙で、少なくても2枚〜3枚。多くて5〜6枚にはなります。ざっと見積もっても原稿用紙1500枚以上は書いたことになると思います。恐らく「長編小説」の域に達している原稿枚数のようです。

 今日は、500個目の区切りの意味を兼ねて、最近思っていることを書くことにします。

 実を言いますと……東京レインボープライドから帰って来てから、今後「どんな文章を書いていけばいいのか」を悩んでいます。

 この春からLGBTのシンポジウムに参加してみたり、熊本のパレードに参加してみたり、東京のレンボープライドに参加してみたりと、いろいろと興味がある場所に顔を出して来ました。このサイトの文章にもtwitter上にも書いていませんが、他にもイベントに参加しています。それにゲイを扱った映画を観に行ったりもしました。

 なんだか多くのイベントに参加してきて、自分の頭の中の整理が追いつかなくてなってしまいました。
 
 整理という言葉とも違うのかもしれません。自分の中で腑に落ちていないと言った方が正しい気がします。どこから手をつけて何をどう書いていけばいいのか迷っています。

 とりあえず、東京のレインボープライドの参加で、イベントに参加するのは「小休止」することになると思います。現時点で、特に今後の予定はありません。今のところ参加が確定しているのは、かなり先の11月上旬にある福岡のパレードぐらいです。

 ただ……「どんな文章を書いていけばいいのか」は悩んではいますが、自分が今後どうしたらいいのかは答えが見えた気がします。

 結局、いろいろとイベントに参加したり東京に行ってみて、「ボクは福岡で生きていこう」と思いました。

 毎日、文章を書いていて「東京に行かないと現状の打開は無理なのかな?」とも考えたことがあります。ただ、今回東京に行ってみて、たぬ吉さんと話したり、東京レインボープライドに参加したりして、ボクの中ではっきりと「ボクは福岡で生きていこう」と思いました。具体的な理由はわかりませんが、なんとなく直感で福岡で生きることに決めました。

 そして熊本のパレードに顔を出した辺りから、自分の中で「このサイトの更新を続けていく」という答えは出てていました。

 だから結論としては、「このサイトの更新を続けていき福岡で生きていく」とまとめられるのかもしれません。

 これから先にやるべきことは決められたように思います。
  
 このサイトを毎日更新し続けて、ボクというゲイが福岡にいることを発信すること。

 このサイトを読んで、ボクに興味を持ってくれる九州などの近場に住んでいる人と直接会って人間関係を築いていくこと。

 その2つに限られていくように思います。

 そういう意味で、東京でたぬ吉さんと直接会ったことは、ボクの中で大きな前進だったように思います。これも彼の書く文章の魅力のおかげです。恐らく、ボクは彼と会ったことで、東京に行く全ての目的を達したように思っています。

 これからはイベントの参加も、意地になって全て参加するのは止めようと思います。ただ「これは出てみたい」とか「これは他の人にも知って欲しい」というイベントがあれば出てみようと思います。

 こんな感じで、思うことをポツポツと書いていると、徐々に頭の整理ができてきました。残るは、「どんな文章を書いていけばいいのか」については悩んでいます。いつものようにシンプルな答えが出てくるように思っていますが、まだ自分の中で腑に落ちて来ません。もう少し考えていくことにします。