ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ゲイブログを読みながら振り返る1年(2019年にやりたいこと前編)

こうやって一年間を振り返ってきたけど二言につきる。

一言目「いろいろなことがありすぎた」。

二言目「楽しかった」。

あまりに単純な言葉だけど、これが正直な感想だ。

たった「一年」で自分の状況がここまで変わるとも予想もしていなかった。それで年末が迫ってきた辺りから、これから先の「一年」で何をしたいのか、じっと考えていた。

しばらく考えた結果、「やっぱり文章は書き続けていきたい」と思った。

それで「じゃあどんな文章を書いていこうか?」と考えて「2つ」ほど思い浮かんだ。

来年やりたいことの「1つ目」だけど。

もっと他のゲイの人たちのために何か後押しをしてあげたい。

ボクには文章を書くことしかできないけど、このブログの文章を読んでくれている人たちや、このブログのように何らかの形で文章を書き始めた人たちに対して、何かして後押しをしたいと思っている。「もう自分のために文章を書くにはいいや」と思っている。

ただ文章を書き始めた人たちに対して、ボクとしては誰かが書いた文章に「いいね」や「星マーク」をつけて応援するのではなく、もっと別の形で応援していきたいと思っている。テストの採点のように「いいね」や「星マーク」をつけて他の人が書いた文章を評価するようなことはしたくない。文章を書く事自体、別に正解があるものでもないものだし、他の人が書いた文章を評価することに対して違和感を感じるようになって、どうしてもボタンを押すことができなくなってしまった。

どんな方法があるのかまだ思いつかないけど、後者に対してはもっと別の形で後押ししていきたいと思っている。

それと少し話が逸れるけど、ずっと考えていてことがあって、この場で書くことにする。

はてなブログの「読者登録」の機能についてだ。

ボクもいくつかのゲイブログを読者登録しているけど、全ての読者登録を外させて欲しい。

以前から、IFTTTという機能を使って、他の人が書いたゲイブログが更新されるとLINE上で作成しているグループに更新通知が表示されるように連携していた。その更新通知が、はてなブログの読者登録の更新通知と重複して表示がされるので困っていた。「この人は『LINE』で確認。この人は『はてなの読者登録』で確認」と別々に見るのが手間に感じていた。

はてなブログの読者登録の通知機能は、「はてなブログで書いている人にのみ限定」されるので全てブログのIFTTT経由で一本化してLINE上で管理したいと思っていた。twitterの更新通知にしろ、ブログの更新通知にしろLINE上で確認するようにしたかった。

以前から読者登録していた人たちも、IFTTT経由で更新通知が来るように移行済みだ。それで申し訳ないけど、はてなブログの読者登録を全て外すことにする。

話は続けて、来年やりたいことの「2つ目」だけど。

これは以前から書いているけど、フィクションの小説のような文章を書きたい。

今まで書いてきた文章は、かなりの部分で実体験に基づいて書いていてノンフィクションの要素が濃い。そういった文章を書き続けてきて、もっと別の文章を書いてみたいと思うようになっている。

ただ、今はまだ具体的に何を書きたいというテーマが定まっていない。

いつか書きたいものが見つかった時のために自分でできる範囲の「ある準備」をしている。その準備をコツコツと続けていきたい。

それと同時に、今までのように毎日ブログを更新するのは限界を感じている。前述と矛盾しているけど、もっと文章を書く以外の別なことに時間を使っていきたいという欲も出ている。彼と付き合いだしてから、例えば、もっと料理を覚えたりとか、もっと丁寧に家事をしたりとか、ありきたりなことなんだけど、そういった丁寧に日常生活に過ごすために時間を使っていきたい。

その一方で、毎日のブログの更新も続けていきたいとも思っていて、どうやって限りある時間を確保をしていこうかと考えている。

いろいろ考えていることを書いてきたけど、来年は、この2つについて、あれこれ試していきたいと考えている。

でね。この2つなんだけど……

最後に少しだけ書きたいことが出てきのでもう少し書かせて欲しい。

<つづく>