ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ライナーノーツ<10>~はじめての有料ハッテン場~

「この章のアクセス数が一番多いなんて嫌だな」


この『はじめての有料ハッテン場』の章だけど、どうやら今まで書いてきた文章の中で一番アクセス数が多いようだ。


このサイトの右端に「人気記事」と書かれたアクセス数の多い文章が表示される欄がある。その「人気記事」の欄に『はじめての有料ハッテン場』の文章が毎日のようにランクインして表示されている。検索サイトを経由して、この文章にアクセスする多いようだ。


ほとんど毎日のごとく「人気記事」の欄に、この章がランクインされている。


ボクはこの欄を少し複雑な思いで眺めている。書いた本人が思うのもおかしいけど、なんだか人間の肉欲の深さを感じさせられてしまう。ボクとしては、この章以外に読んで欲しい文章はいくらでもある。これだけの数の文章を書いてきて、有料ハッテン場に関する文章のアクセス数が一番多いなんて少し残念だったりする。


「はじめて」や「有料ハッテン場」という言葉を検索してアクセスする人が多いようだ。そのことに気が付いてからは、文章のタイトルをわざと地味な言葉を使うようにしてきた。検索してヒットしやすいような「あおる言葉」は思いつくけど避けるようになった。最近だと『二度と行きたくない場所』なんて、ゲイとは全く関係のなさそうなタイトルをつけたけど意図してつけている。ちなみにボクの中では、レイアウトの問題もあって各章のタイトルをつける際に字数制限のルールを設けている。


ボクにとって有料ハッテン場の体験談ならいくらでも書くことができる。


この『はじめての有料ハッテン場』の文章の中でも、有料ハッテン場の見取り図まで描いて貼り付けたけど、似たような文章ならいくらでも書くことができる。過去に行った店の件数だけ書くことができる。でも何度も書きたいと思わない。一度だけ書けば十分だ。恐らく書けばもっとアクセス数は増えるのかもしれないけど書きたいと思わない。肉体関係などの生々しい文章を書きたいわけではなく、もっと別の側面を書いていきたい。有料ハッテン場での肉体関係だけ書いた文章なら、ネットで検索すればいくらでも見つかるだろう。


とはいえ、やっぱり自分の体験に基づいて書いてきた文章なので愛着のある文章の一つでもある。これまでに40章以上の文章を書いてきたけど、その一つ一つが自分の子供のように感じている。そしてボクにとって意外と読まれていない人気のない文章の方が可愛い存在だったりするから不思議だ。


ボクにとって『はじめての有料ハッテン場』も大切な子供の一人だ。


でも少し複雑な思いを抱きながら見守っている子供だ。