ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ライナーノーツ<24>〜このサイトを始めるにあたって〜

もう2年以上前に書いた文章だけど、そこまで大きく考えは変わっていない。

 

ただ、毎日の更新を止めてから新しく『このサイトを始めるにあたって』のような文章を書く必要が出てきたと感じている。このサイトを再始動するにあたって指針になるような文章だ。

 

2年前に書いた『このサイトを始めるにあたって』の中で書いている通り、異性愛者に向けては暇つぶしに程度に読んでもらえればいいと思っている。ただ僕と同じ同性愛者に向けては少しだけ追加したいことがある。

 

先日、付き合っている彼から「男を捕まえるために毎日、文章を書いて罠を張っていたんだね」と言われた。

 

このサイトは男を捕まえるための「罠」だと言う訳だ。

 

僕としては「そんなことありません」とすっとぼけたい所だけど、はっきり言って彼の指摘通りだと思っている。彼からの「熟練なゲイが純粋な男を手練手管に罠を張って誘い込んだ」というような抗議は無視するとして、僕としては「せっかく罠にかけて捕まえたのだし獲物は逃がさない」と思っている。笑 毎日毎日、文章を書きながら罠を張り続けて、2年がかりでせっかく捕まえた獲物なのだ。彼自身、そんなことを言いながらも罠だと気が付いた上で、自分から進んで罠にかかったように感じている。

 

ゲイブログなんて別に格調高いものでもなく、ゲイアプリやtwitterとは形は違うだけで似たようなものだと思っている。ただまとまった文章を書いて載せることができるので、自分という人間性を理解してもらうのには向いているぐらいものだと思っている。

 

それで今の僕が同じ同性愛者に向けて追加したい文章は、

 

○同性愛者の方へ
ボクは誰かの見本になれるような立派な生き方はしていません。このサイトの文章を読んで、あぁーこいつはバカだな。俺はこういう人生は歩まないようにしようと、反面教師にでもしてくだされば幸いです。

 

 

の後に、

 

そして、もしできればボクと同じように文章を書いてみてください。

  

となるだろうか。

 

つい最近も何人かのゲイブロガーの名前を出して紹介文章を書いているけど、やっぱり新しく文章を書き始めた人を見つけると単純に嬉しかったりする。それで自分と似たような考え方を持った人と出会えた時はなおさら嬉しかったりする。

 

そんなこんなで「ゲイブログも出会い系のツール」だと思っている。