ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

ゲイの情報収集能力を舐めないで

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です。

神原:ボクの職場って女性が多いんだよね。1000人くらい社員がいるんだけど8割が女性で、結婚に飢えてる30代の女性が結構いるんだよね。

村上::あぁ〜ゲイじゃない俺には羨ましい職場環境だよ!

神原:女性の方が圧倒的に人数が多いから、男性の方に相手を選ぶ権利が強くて職場結婚をしてる人も多いんだよ。それでよく独身男性陣のメンバーから、合コンに誘われるんだよね。「神原も早くいい女性を選んだ方がいいよ」って好意で誘ってくれるんだよね。

村上::そうなんだ!で合コンに行ったの?

神原:だが断る!!(キリッ

村上::もったいない!いい女性に出会えるチャンスかもしれないよ。

神原:それが、誘ってきた独身男性陣にボクの好みのタイプがいなかったからなんだよ。ボクにとってはもう致命的だよ。合コンの場でも男女が向き合って話してるのに、ボクはきっと横に座ってる男性に向かって笑顔を振りまいてるよ。できるなら女性陣側には美人がいない方がボクに取っては都合がいいくらいだよ。

村上::諦めなよ!いくら笑顔振りまいても意味がないよ思うよ。仮に好みのタイプの男性がいても、合コンの場でその男女のカップルが成立したら君の立場がないじゃないか?男女が出会うのがメインの合コンに来てる男性がゲイで、君に興味を持ってくれる可能性は非常に少ないと思うよ。

神原:ボクの目の前でカップルになりそうだったら、ボクの持てるあらん限りの力を駆使して阻止するよ!相手の女性の悪口を男性に吹き込んでやる!男性とも女性とも友達になれるゲイを舐めないでいただきたい!「男性陣での噂+女性陣での噂=男女陣での噂」と情報収集力は通常の2倍だよ。ゲイの恐ろしさを見せてやるよ!

村上::恐ろしいな・・・今後はゲイの存在は否定しないけど、君の存在は否定することにしたよ。