読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

ゲイ目線で小説『悪人』を読んでみた

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

神原:本当に今更なんだけど、吉田修一の『悪人』って小説を読んだよ。

村上:その本ってだいぶん前に流行ってなかったけ? 映画化もされた気がするけど。

神原:二〇〇七年に出版されてるから、ほぼ十年前になるね。

村上:それで今更その本を読んでどうしたの?

神原:地元の福岡と佐賀と長崎が小説の舞台なんだけど、実際に行ったこともある場所がいくつか出て来て、いや〜この作者はちゃんと取材してるなって感心したよ (´ ∀`)

村上:そりゃ小説家だからちゃんと取材はしてるよね。

神原:特にびっくりしたのが、とある登場人物が、実在する福岡市内の●公園の公衆トイレで小便をするくだりがあるんだけど、小便をしてる時に個室から男性が出て来て嫌な目つきで見られるって箇所はリアルだったよ。

村上:特に君の好きそうな描写だな(ノ∀`)

神原:小説の中で出て来る公園って、ゲイ同士の出会い系の掲示板で、よく待ち合わせ場所にされてるんだ。「公園の公衆トイレでやりませんか?」とか本当に書いてることがある。

村上:ほほう……君も行ったことがあるの?

神原:ボクはその公園に行ったことがないよ。恐らく作者は、その公園がゲイ同士の出会いのスポットになってることを、きちんと調べた上で書いてるんだろうなって思ったよ。

村上:ノンケの人が読んでも、作者の空想で書いてると思うだけで、そこまで理解できないだろうね。

神原:出会い系の掲示板を見てる限りだけど、その公園って過去にゲイ狩りとかもあったことがあるみたいで、そこそこノンケの間でも有名ではあると思うけど、きちんと調べたんだろうな。

村上:ゲイ狩りか、リスクの高い世界だね (((((( ;゚Д゚)))))

神原:ボク自身は公衆トイレで変なことをする気なんか毛頭ないけど、大学時代に興味があって社会見学みたいな感覚で野外のハッテン場を見学して回ったんだ。ある公園の公衆トイレの入り口に『全裸の人』がいた時は爆笑してしまったよ。「お前らやりすぎ!」って注意しそうになったよ。あまりに驚きすぎると逆に笑ってしまうよ ヽ(*゚∀゚)ノ

村上:全裸……想像を絶する世界だね。『悪人』って小説の中では、嫌な目つきで見られて終わったけど、いきなり個室の中から全裸の男性が出て来たら、小説のストーリーが破綻してしまったろうね。読者も何が始まったんだ?って置いてけぼりになりそう  ( ̄ω ̄;)

はじめての有料ハッテン場<14>

 既に個室に入ってから、一時間近く経っていた。ボクらの会話は続いていた。

「多分……君って同年代より年上の男性にモテると思うよ」

 その言葉を聞いた時、前に出会ったイサムさんにも同じことを言われたのを思い出した。ボクは試しに理由を訊いてみた。

「同じようなことを別の人からも言われたことがあるんですが、どんなところがですか?」

 彼は寝転がったまま、しばらく天井を見つめて言った。

「俺も二十代の頃は、同年代の若い相手とばかりセックスしてたんだ。三十代になっても、やっぱり若い男とセックスしたい願望はあるけど、三十代になってくると相手に求めることも変わってきた気がする。いくら若くても軽い人は嫌だっていうか、中身のない人は嫌になってきたんだ。その点、君は見た目も真面目な感じがするし、実際に話しててもクソ真面目だなって思うよ。恐らく……君は同年代の人とは合わないけど、一部の年上の人には好かれるんじゃないかな? もちろん若ければ誰でもいいっていう見境がない人もいるけどね」

「でも……ハッテン場でこんなことをしてて、真面目といえるかどうか分かりませんけど」

 ボクは苦笑いしながらそう言った。

「そうだね。でも仕方ないよね。ゲイなのを隠して生きてても出会いなんてないから、こんな店に来るしかないよ」

 仕方がないか……

 ボクも学校のような公の場所でカミングアウトしないと決めたから、周囲はボクがゲイであることを知らないし、ボクが好きになった相手がゲイである可能性はほとんどない。ノンケを好きになって告白しても意味がないことは、高校時代に経験済みだった。告白してしまうと好きな相手に迷惑をかけてしまうだけだった。だから仕方がなく、この有料ハッテン場に来たのだった。このサポーターに来ればゲイに会えるし、自分にも好きな人ができるかも? そんな期待を抱いていた。 

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<13>

「そちらは何の仕事をしてるんですか?」

「京都市内の銀行に勤めてる。職場ではゲイのことを隠してるから同僚に会わないかヒヤヒヤしながら店に来てるんだ」

「銀行か……見た感じのイメージにぴったりですね。ボクも大学の友人にはゲイなのを隠してるんですよ」

「俺も学生時代はずっと隠してた」

 その時、メガネの男性が枕元に置いた携帯が鳴った。

「ちょっと待ってね。メールの返信するから」

 メガネの男性は暗闇の中、携帯電話を開いてメールを打ち始めた。

「誰からですか? 友達ですか?」

「嫁からのメール」

 ボクはびっくりして言った。

「えぇ! 結婚してるんですか? こんな所に来ていいんですか?」

「うん……嫁には残業って言ってるから、二十三時くらいまでなら大丈夫」

「奥さんはゲイなのを知ってるんですか?」

「バレてないよ。時々は嫁ともセックスもしてる。でも義務的にやってるだけで、やっぱり男の方が好きなんだ。嫁のことは好きだけど、もうこればっかりは仕方がないよ。君と裸で抱き合ったままメールを打ってるなんて嫁も思ってないだろうね」

「そうでしょうね……」

 ボクは言い繕うためのうまい言葉がでなかった。

「前から職場に好きな男がいるんだ。その人を俺の結婚式に招待したんだけど、お祝いの言葉を言われた時、思わず『あなたと結婚したかった』って言いそうになって危なかったよ」

 メガネの男性はそう笑いながら言った。メールを打ち終わって、携帯を枕元に置いた。そして、また激しく抱きついてきた。なんだか彼の生き方を思うと自分と重なるようで悲しくなってきた。ボクも彼に応えるように抱きしめて返した。

 後々になって気づいたのだが、ボクはハッテン場でセックスする時に雑談をするのが好きだ。雑談を嫌がる人もいるのは知ってる。うまく説明はできないけど、話をしていると相手の人生の背景が見えてきて、相手のことがより好きになってしまう時がある。ただ単にセックスして終わりの関係は嫌だった。

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<12>

 ボクらは手を繋いで、まっすぐに伸びている通路の途中にある個室に入った。通路には相変わらず何人かの男性が壁に寄りかかって立って、ボクとメガネの男性が入っていく姿を目で追っていた。

 ボクらは布団の上に向かい合って座った。メガネの男性の腕を見ると、右腕にロッカーキーをつけていた。「この人はタチなのか、ボクはネコだから相性はいいかな?」と思った。ボクが緊張で動けないでいるとメガネの男性が手を伸ばしてボクの体を触ってきた。ボクも勇気を出して手を伸ばして体を触った。しばらくお互いに体を触り合った後、思っ切り抱きついてきた。そして、ボクらはそのまま布団に寝転がった。

「いっ……痛い」

 締め付ける力が強すぎた。あまりに締め付けが強すぎたので、しばらく我慢していたけど、痛みの限界に達したので恐る恐る気持ちを伝えた。

「あの……痛いです」

「あっ……ごめんごめん」

 力を弱めてくれたけど、それでもまだ少し痛かった。しばらくすると、今度は抱きついたままボクのお尻を抓るように激しく触ってきた。何度も何度もボクのお尻を触っては抓ってきて痛くてたまらなかった。ボクにはなんとなくメガネの男性の好みがわかってきた。

「もしかして……抱きつくの好きなんですか?」

「わかった? 抱きつくの大好き。君は暖かくて気持ちがいいよ」

 恐る恐るもう一点ほど指摘した。

「もしかして……尻が好きなんですか?」

 メガネの男性は笑い声を上げて認めた。

「俺って尻フェチなんだ。君の尻ってプリッとして可愛いよ。最初にすれ違った時から好みのお尻してるって思った」

 そんなこと言われて嬉しいというより、滅茶苦茶に恥ずかしかった。まぁ、人の好みは、それぞれだし尊重しようと思い、ボクの方からもキツく抱きついてあげるとメガネの男性は凄く喜んでいた。お尻を抓られるのは痛かったけど。

 ボクらは抱きついたまま会話を続けていた。

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<11>

 三人(実質は二人だけど)で十五分間くらい攻め続けていただろうか。短髪の男性は大きな声を出してイってしまった。

 短髪の男性はぐったりと目をつぶって横になっていた。マッチョな男性はテッシュで自分の手を拭いてゴミ箱に捨てると、さっさと部屋から出て行ってしまった。その場にはボクとメガネの男性だけが残された。ボクは短髪の男性が汚れたままぐったりしているので、テッシュで体を拭いてあげながら、「大丈夫ですか?」と声をかけた。すると短髪の男性はかすかに頷いた。しばらく見ているとそのまま疲れ果てて寝てしまったようだ。ボクも部屋から出ようと思って立とうとした時だった。

「いや〜凄かったね」

 メガネの男性は、汚れた手をテッシュで拭きながら小声で話かけてきた。

「そうですね……びっくりしました」

「君、二十代だよね?」

「そうです。二十一歳の大学生です」

「俺は三十二歳。実を言うと、君の後を追いかけて来て、この部屋に入ってきたんだ。さっき通路ですれ違った時から、君のことが気になってた」

「そうなんですか……」

「彼より君の方が好みのタイプなんだけど、俺としない?」

 ぐったりと寝ている短髪の男性を指差しながらそう言った。唐突の申し出に戸惑いながら、ボクはメガネの男性をじっくりと観察した。思ったことをズバズバ言ってくるけど、見た目は静かで真面目そうな清潔感のある感じの人だった。髪型も普通くらいの長さで、体型も痩せてもないし太ってもない普通体型だった。割とボクの好みのタイプかもしれないと思った。

「本当にボクでいいんですか? バックとかできませんけど?」

「いいよ。そっちはあまり経験がないよね? 嫌と思ったら嫌って言ってね。その時は止めるから」

「ありがとうございます」

「じゃあ……どっか個室に移動しようか?」

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<10>

「複数でもいい?」

 マッチョな男性は短髪の男性にささいた。短髪の男性はボクの顔を見たまま頷いた。

「複数? それはボクも一緒にやるってこと?」

 こんなことになるなんて予測していなかったので戸惑っていた。でも今更、「すみません……はじめて店に来たばかりで無理です」とは言い出せなかった。マッチョな男性は、短髪の男性の左手と左足を押さえてから、ボクに右手と右足を押さえるように指示してきた。ボクはただ言われた通りに従った。マッチョな男性は短髪の男性の股間に大量のローションを垂らして、股間を激しく攻めはじめた。

「うわ〜これは本気でキツイだろ」

 自分が同じ目にあったと思うとゾッとした。ローション攻めされている短髪の男性は気持ちよさそうに激しい声を上げていた。逃れようと体を動かそうとしても、両手両足を押さえられて身動きが取れないのだ。

「この人大丈夫かな? 失神するんじゃないの?」

 そんな不安を抱きながら、心配そうに短髪の男性の顔を見ていると、ふいに後ろの方から別の人が現れた。三十代前半くらいのメガネをかけた真面目そうな感じの雰囲気だった。「君たち面白そうなことしてるね俺も混ぜて」という感じで、ニヤニヤしながらボクの横に座った。メガネの男性はボクに話かけてきた。

「凄いよね?」

「そうですね……」

「君も同じことされたいんじゃない?」

「いや……はじめてこの店に来たんですよ」

「やっぱりそうなんだ。見かけない子だって思った」

 そんな軽い会話をしながらメガネの男性もマッチョな男性と一緒になって乳首を舐めたり、キスしたりして短髪の男性の体を攻めはじめた。ボクはみんなのテンションの高さについていけず、何をしたらいいのかわからなかったので、右半身を押さえたまま、ずっと手を握っていた。

<つづく>

はじめての有料ハッテン場<9>

 はじめて有料ハッテン場に来ただけあって、目新しいことばかり続いていた。

「なるほど! ゲイの世界ってこうなっているのか」

 ボクは妙なことに感心しながら暗闇の中を歩いていた。とりあえず休憩室に移動して少し頭の整理でもしようかと思い、ハッテンスペースの入り口まで戻ろうとしていた。

 入り口付近に来た時、部屋の中でかすかに話し声が聞こえた。その部屋には、三組ほど布団が敷いてあって、複数人でプレイできるようになっていた。ボクは話し声が気になったので、部屋の入り口のカーテンをめくってそっと中を見てみた。右端の布団に男性が寝ていた。その男性は細身の短髪でまだ二十代の前半に見えた。そして短髪の若い男性の側に座って、話しかけている三十代後半ぐらいのマッチョな男性がいた。

「やってもいい?」

「はい……いいですよ」

 はっきりとは聞こえなかったけど、そんな会話をしているようだった。会話が途切れた後、マッチョな男性は、寝たままの短髪の若い男性の股間を触ったり、乳首を舐めたりしていた。ボクはカーテンを開けて二人のやりとりを観察していた。するとマッチョな男性の視線がカーテンを開けて見ているボクの方を向いた。そして目が合ってしまった。

「うわ〜目が合っちゃった。見てると邪魔だろうから、休憩ルームに移動しよう」

 そう思ってカーテンを閉じようとした時だった、マッチョな男性は手を上げて、ボクに向かって手招きをした。

「えっ……何?」

 ボクは自分のことを呼んでいるのかわからなかったので、自分の体を指差して「ボクを呼んでるの?」とジェスチャーで確認してみた。マッチョな男性は、手招きを続けながら「そうだよ」という意味で頷いていた。どうしようか迷っていたけど、恐る恐る部屋の中に入ってみた。

  マッチョな男性は、若い短髪の男性の側に座るように指を指してた。よくわからないまま、ボクは指示された通りに座った。短髪の若い男性は寝たままボクの姿を見上げると、少し笑いながら手を伸ばしてボクの手を握ってきた。

<つづく>