ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

絶対に会えてよかった<89>

彼の耳の下の辺りや首の後ろの辺りを、優しく撫でてキスしてあげると、身体をよじらせて感じていた。


ボクは彼が感じている様子を見て思わず笑いそうになった。


夏場になるとよく犬が長い舌を出して「はっはっはっはっ」と声を漏らしながら、よだれを垂らして体温調整をしているけど、彼も全く同じ声を漏らしながら舌を出して興奮していた。子供の頃に飼っていた犬の夏場の姿と、彼の興奮している姿が、あまりに似ていて笑いが噴き出してしまうのを我慢した。


彼の興奮している姿を見ていて、なんだか苦しそうな感じもしたので撫でるのを止めると、焦らされていると感じたのか、彼は「もっと激しく触って欲しい」という風に、ボクに向かって首の後ろを突き出してきた。


ボクはしょうがないと思って、さっきよりも激しくキスをしたり舐めたりしてあげた。


彼は責められて感じているのか、夏場の犬の体温調整している様は、さらに激しくなっていった。ボクはおかしくして笑い出すのを必死にこらえながら責めていた。


数分後。彼は自分の手で下半身を責めながら、あっけなくイってしまった。さっき3人がかりで散々に責めて溜まってしまっていたのか大量に噴き出してしまった。


3人がかりで責められてもイクことができず、その状態のまま自分の手で頑張って責めてもイクことができなかったのに、首を撫でてキスしてあげるだけで簡単にイってしまった。


甘えん坊なのか、照れ屋なのか、恐らく両方なんだろうけど、彼は抱きついて離れなかった。


「首を責めて欲しいのなら、はっきり言えばよかったのに。さっきの人たちもどう責めても無理だったから困ってたよ」と言うと、「『首を責めて欲しい』とか恥ずかしい言えないです……」と答えた。


まぁ確かにそうだ。自分の弱点を晒すのは結構恥ずかしい。


しかも複数人を相手に自分の弱点を晒すなんて、なおさら恥ずかしくて言えないよねと思った。


それにしても首を軽く責めるだけで、あっけなくイっちゃうなんて極端な性感帯をしているな?と思って、もう一度、首筋を撫でてあげると、彼はまた夏場の犬のような吐息を漏らした。彼の下半身を見ると再びに元気になっていた。「もう一回イきたいですか?」と質問すると、うなずいて返答してきた。ボクはさっきよりも少し激しく首を責めてあげた。


数分後、彼はもう一度イってしまった。


やっぱり20代前半だけあって性欲は旺盛だった。


その後、彼はボクにしっかり抱きついて離れなくなって、そのまま眠りについてしまった。ボクは年下に甘えられるという初めての経験に直面して、どう対応していいのか分からなかった。ただ彼が目を覚ますまで寝顔を見ながら頭を撫でてあげた。


ふと彼の首筋を見ると、ボクのキスマークでいっぱいになっていることに気が付いた。


<つづく>

ゲイ以外の側面の共通点について感じてること

あともう少しで『絶対に会えてよかった』の章が書き終わる。

この章の中には、ボクの過去の「性」に関する体験をほぼ盛り込んでしまっているから、書き終わったら生々しい性体験に関しては書くことが無くなるはずだ。もちろん細かい話はあるけど、それほど大きな話は残っていない。ようやく恥ずかしい過去の性体験について書くことが無くなるとホッとしている。

ここ最近、生々しい「性」に関する文章ばかり毎日書いているけど、とても複雑な気持ちになってくる。どちらかというと、ボクの人生の中では「性」よりも「仕事」と「日常生活」が大半を占めているのに、どうしてもゲイに関する過去を紐解いて文章を書き始めると「性」に関して書くことが多くてしまう。

それだけ「ゲイの側面」と「性の側面」が近い位置にあったんだと思う。

fuchi00.hateblo.jp

それで「仕事」に関する文章を書いた『ふちさん』のゲイブログを読んだ。

ボクも20代の頃から仕事に熱中していた。仕事をしている時間は自分がゲイである側面には目を向けないで済むから「目を逸らす」という意味でも仕事ばかりしていた。自分から上司に「もっと仕事をさせて欲しい」と言ったくらいだった。

ふちさんが書いた文章を読んで20代の頃の自分の姿を思い出した。

mituteru66.hatenablog.com

もちろん今も仕事が好きだけど、30歳前半を過ぎた頃から少しだけ考え方が変わってきた。今は仕事のことを考える時間が少なくなってきている。

それというのも最近は「みんな仕事をしているフリをしているだけで、そんなに仕事してるわけじゃない」と強く感じているからだ。

ボク自身も定時までは忙しく働いているけど、今は週に3日か4日も出勤すれば仕事が回るような気がしている。もちろん時期によって状況は変わってくるけど、ふと職場の同僚の働いている姿を眺めて、自分の働いている姿を冷静に見つめ返して感じた。世の中はどんどん便利になっていて、特に対人関係が少ない職種に関しては、もっと働く時間が短くて済むように感じている。毎週5日も出勤して8時間近く職場にいる必要はないように感じている。

これ以上は、ゲイブログから話が逸れてしまうから詳しく書くのは控える。

ただ、もう少し「仕事」に対する時間を減らして、もっと別のことに時間を使う方がいいように感じた。どうせ死ぬまで逃げ切ることはできないので、もっと自分の「ゲイの側面」に向き合って時間を使う方がいいように感じた。

それでこういったゲイブログを書くことに時間を使い始めた。

もう一つ気になっている文章がある。

ztp.hateblo.jp

最近、noteからはてなブログに移行してきた『悠さん』のゲイブログ。

ボクも更新を楽しみにしてるんだけど、ボクが付き合っている彼も更新を楽しみにしているブログだ。ボクらは悠さんが経験している「ある事」について共通点を感じていて興味がある。その話を早く読みたいと思っている。

彼と「早く更新してくれないかな」とか「コメント欄に『更新を楽しみにしてます』って書こうか?」とか「以前、彼とメールのやり取りをしたことがあるから送ってみる?」とか話してるんだけど、この場で紹介することにした。

彼とそんなことを話しながら「やっぱり自分の過去を語る」って重要だなと思った。ボクらが悠さんに興味を持ったのも、彼が書いている「ある事」に共通点を見つけたからだ。

他人に関心を持つ際、自分との「共通点」や「非共通点」を見つけながら惹かれていくように思う。自分と同じ点はあればあれば惹かれるし、違う点が点があればあれで惹かれる。もしくは離れていったりする。2つの点のバランスによって相手に対する関心の度合いが高まったり低まったする。

そういった「共通点」や「非共通点」を見つける際に、「ボクはこれこれこういう人間です」って書いて文章に残しておくのは手っ取り早くていいと思う。どんなに隠していても文章には書いている人の性格や考え方が反映される。実際に顔を合わせて話して見るのもいいけど、もっと深く内面について知ることができるように感じている。

ボクは最近になってようやく「ゲイの側面」を表に出しても「性の側面」以外に関して共有できる人に出会えた。彼はボクの書いた文章に「共通点」を見つけてくれて連絡をくれて、ボクも彼と会って「共通点」を見つけた。それで付き合っていくうちに「非共通点」も同時に見つけてた。

少し同じ部分を見つけたり。

少し違う部分を見つけたり。

そんな部分を見つけては、嬉しかったり不安になったりしている。そういった心の動きによって、相手に対してどんどん惹かれていくのを実感している。

絶対に会えてよかった<88>

なんとなく彼を放置したまま去りがたくて個室の入口の辺に立っていると、彼は顔を上げてボクの方を見た。そして「一緒に寝て欲しい」という感じに腕を伸ばしてきた。


そんな弱っている彼の姿を見て下心が湧かないといえば嘘になる。


ボクがその気になれば、彼がどうなろうが知ったことじゃなく自分の性欲を彼の体にぶつけて気持ちよくなることもできたと思う。


ただ30歳を過ぎたある時期から、ボクは自分の性欲よりも相手の性欲を優先するようになってしまった。それが性欲の減退によるものなのか分からない。ただ別に自分が最後までイかなくてもどうでもよくなっていた。それに3人ががかりでも彼をイカすことができなかったのに、ボク一人のテクニックで頑張っても、とてもじゃないけど無理だと思った。


とりあえずボクにできることは彼の話を聞いて慰めてあげることくらいだった。


ボクは「しばらくの間、彼の話し相手になってあげればいいや」と思って個室に入った。そして布団の側に転がっていたタオルでローションまみれになっている身体を拭いてあげた。彼の身体は冷えていて疲れ切っているのか下半身は元気がなくなっていた。


「3人がかりで責められてイかないなんて凄いですよね」

「イキたかったんですけど……無理でした」


彼の頭を優しく撫でながら話していると頭を突き出して個室を覗いてくる人がいたけど、誰も入ってこなかった。「3人がかりで責めてもイカなかった奴によく手を出したな」とでも思っているのかもしれない。


彼と話していると最初に会った時と同じように甘えるように抱きついてきた。ボクも彼の体を抱きしめてあげた。冷えた身体を温めてあげようと思った。そう思ってボクの両腕が彼の首の後ろの辺に触れた時のことだった。彼の体がビクッと大きく震えた。


あれっ?やっぱり何かおかしい。


最初に彼に会った時もそうだっだけど、首の辺に触れると身体を震わせるようだった。ボクは疑問に思って試しに首の前辺りにキスをしてみたけど、彼の反応は全くなかった。


うーん。やっぱり違うのかな?


次に耳の下辺りにキスをしてみたら、彼は小さく吐息をもらした。


あれっ?やっぱりそうなのかな?


最後にもう一度、首の後ろの辺りをキスをしてみた。彼は大きな声を出してビクっと身体を震わせた。


あれっ?絶対にそうだ!


彼を抱きしめて両手で優しく首の後ろ辺りを撫でてあげた。さっきまで萎えていた下半身が一気に元気になった。さっき3人同時に責められていた時には、彼の首筋を触ったりキスしたりしている連中がいなかったことを思い出した。


ボクは彼の性感帯に気が付いてしまった。そして直球で質問してみた。


「もしかして耳の下とか首の後ろの辺を触られると気持ちいいんですか?」


彼は恥ずかしいのかボクの腕の中に顔をうずめて「はい……」と答えた。


<つづく>

絶対に会えてよかった<87>

彼の体は上半身も下半身も大量にローションがかけられてベトベトになっていた。それというのも彼がなかなかイってくれないからで、ローションをかけては乾く。またローションをかけては乾くと何度も繰り返してた。


一人目は彼を背後から抱くようにしてキスをしたり乳首を責めていた。二人目は彼の足を押さえつけて下半身を重点的に責めていた。三人目は彼の足を押さえつけて乳首を責めたり太ももを撫でたりしていた。それぞれ分担分けしていて、いいチームワークだったように思う。


ただ、それでも彼はイクことができなくて、三人ともに責めあぐねてしまっていた。


彼らは何が「最後の決め手」なのか分からない状態だった、一方の彼はと言うと気持ちよさそうに声を上げているんだけど、やっぱり「最後の決め手」に欠くようで頑張って出そうとしているのに、どうしても出なくて戸惑っているように見えた。


「なかなかイカないね……」

「うん。イカないね…」

「手が疲れた……」


3人はボソボソつぶやきながら交代して彼の下半身を責め始めた。手が疲れてはバトンタッチして、しびれてしまった手をブラブラと振って血行を取り戻そうとしていた。その回復を待つ間、次の人が彼の下半身を責めて、またしびれたら交代と繰り返していた。


しばらくすると彼の体を一緒に責めていた一人が無言で立ち上がった。この一連の行為に、二人目に参加した人だった。彼はそそくさと個室から出ていった。どうやら疲れてしまってようだ。しばらくするとまた一人立ち上がって個室から出ていった。


最後に残されたのは、最初に彼に手を出した40代の男性だった。


最初に手を出してしまった手前、責任を感じているのか彼をイかせようと必死だった。


残された一人は困ってしまい、個室の入口付近に立っている見物人に「一緒にヤろう?」と助けを求めるような視線を送ってきた。視線を投げかけられた人たちは「泥沼戦に巻き込まれたくない」という感じで加わろうとしなかった。


最後の一人は彼を後ろから抱き上げた状態で頑張って手を動かし続けた。彼の方も頑張って性欲を吐き出そうとしていた。


でも彼は最後までイクことができなかった。


最後に残された一人は、それから何分か頑張って彼の下半身を責め続けていたけど、彼にキスをしてから立ち上がった。そして振り返ることなく個室から出ていった。同時に見物人たちも一緒に個室から逃げていった。


ボクは個室の入口付近に立って、しばらく観察していたけど彼のいる個室を覗き込む人はいなかった。その時、店にいたほぼ全員が一連のやり取りを目にしていて「あれだけ長い間3人がかりでやってイカないのなら俺にも絶対に無理だ」と逃げ腰になっていた。


彼は個室に取り残されてローションまみれのままぐったり横になっていた。


<つづく>

絶対に会えてよかった<86>

ボクは個室の入り口で「どうしたものか?」と躊躇していると、彼は自分の身体を責めている40代の男性の顔を見た。

「この入り口に立っている人も一緒に混ぜてくれませんか?」

そんな言葉を込めた表情を作って40代の男性に訴えかけた。ボクも先に彼に手を出している40代の男性の顔を一緒に見て反応を観察した。

こういった場面だと「他の人も手を出していいよ」というパターンとか、「二人でやりたいから邪魔するなよ」というパターンに別れる。

でも彼はまだ20代前半と若い。

きっと40代の男性も「せっかく見つけた若い子との関係を邪魔するなよ」という感じを態度に出すと思っていた。そんなボクの予想に反して、40代の男性は彼と目が合わせてから「いいよ」という感じでうなずいた。そしてボクの方を見て「一緒に責めようよ」という感じで微笑みながら頷いてきた。

ボクは二人から視線を向けられて慌てて個室を後にした。

頭の中で彼の甘えるような少し悲しげな表情が残っていて後ろめたい気持ちになったけど、どうしても彼らの輪の中に加わりたいと思えなかった。はっきり言って、ボクは複数人で肉体関係を持つのが好きじゃない。肉体関係を持つ相手とゆっくり会話をすることもできないし、誰だか分からない人と関係を持って病気をうつされるのも怖かった。

ただ、ボクは見捨てながらも彼のことが気になっていた。

40代の男性は、たまたま若い20代の子が目について手を出しただけで、彼自身に対しては興味はないように思えた、もし彼に対して興味があれば「複数でやろう」なんて話には乗らないと思った。

ボクは10分くらい経って個室に戻って、そっと中を覗いてみた。

するともう一人40代くらいの男性が増えていた。

今度は、2人がかりで20代の彼の身体を責めていた。

最初の人が彼を後ろから抱きかかえてキスしたり乳首を責めたりして、2人目は彼の下半身を責めていた。ボクはまた最初の人と目が合ってしまった。さっきと同じように「一緒に責めようよ?」という感じで微笑みながら手招きしてきた。

ボクは彼と目が合う前に個室から立ち去った。

それから10分後。

そろそろ終わってるだろうな。

そんなことを考えながら個室に近づいていった。彼は20代前半で性欲は旺盛だろう。二人がかりで責められたら、とっくに我慢できなくて性欲を吐き出しているだろうと思っていた。

暗闇の中、個室に近づいていくと、ボクの予想に反して賑やかな物音が聞こえてきた。

彼に見つからないようにそっと個室を除くと、予想に反して彼らの一連の肉体関係は続いていた。さらに驚くことに、もう一人30代中盤の男性が加わって彼の身体を責めていた。

合計3人がかりで彼の体を責めていた。

10分後、また個室を訪れると三人がかりの攻撃はまだ続いていた。

さらに10分後。またまた個室を訪れると三人がかりの攻撃はまだまだ続いていた。

さらに10分後。またまたまた個室を訪れると三人がかりの攻撃はまだまだまだ続いていた。

いったい。いつ終わるんだろう?

あまりに長く続いているせいか見物人は徐々に多くなっていた。見物人からは「いつ終わるの?」とか「すごい」といった囁き声が漏れていた。

ボクも興味本位に駆られて、その見物人に混じって三人の様子を観察していた。

ただ彼らの一連の肉体関係の結末に興味があった。

<つづく>

絶対に会えてよかった<85>

恐る恐る手を伸ばして彼の身体を触れるとなんの抵抗もなく受け入れてくれた。むしろボクの方から触れなくても彼の方から積極的に抱きついてくれた。ほとんど年下から誘われることがないボクにとっては珍しいケースで驚いていた。


ボクと彼は布団に横になって小さい声で雑談をしていた。


彼の年齢は22歳。高校を卒業してから大学には行かずに地元で働いていること。電車に乗って有料ハッテン場に来ていること。翌朝の始発が動き出して帰る予定だということ。あくまで触り合いまでバックはできないこと。


そんな簡単な情報を彼から聞き出していた。それに対してボクの方は彼に情報を伝えなかった。どうせお互いに真剣に付き合うことになる可能性はゼロだと思っていたし、彼が痛がっているのを慰めてあげればよかった。慰めるついでに彼に手を出してみたいという欲望もないわけではなかったけど、どうせ断れるかその場の関係で終わると思っていた。


彼は甘えるように強く抱きついてきたので、ボクの腕をそっと彼の首に腕を巻いて抱きしめて上げた時のことだった。いきなり彼の身体が「びくっ」と飛び跳ねた。「あれ? 今の驚いたような反応は何だったの?」と不思議に思った。でも、いきなりの反応に不審に思いながらも「まぁいいや」と思いなおした。


それにしても子犬や子猫のように甘えてくる彼を抱きしめてあげながら、


やっぱり年下は可愛いな。


とは思った。そして「この子と付き合ったら、どんな感じになるのかな?」と妄想してみたけど、「いやいや。そんな展開はありえない」と思った。心のどこかでこれ以上は関係が深まることがないと諦めていた。


ボクはしばらく抱いてあげた後、彼の機嫌が直っていることをを確認して「もういいよね」と思った。彼の腕をほどいて身体を離してから「じゃあ。そろそろ行くね。じゃあバイバイ」と言って立ち上がった。彼は「えっ?」と驚いた態度を取ったけど、ボクとしてはそれ以上に深く彼との関係を深く踏み込むつもりはなかった。


ボクも年下の子に対してそこまで興味を持っていなかったし、どうせ年下の子がボクに対して興味を持ってくれることはないだろうと強く思っていた。


ボクは彼を残したまま立ち上がって個室からさっさと出ていった。


それから10分くらい経って同じ個室に戻ると、さっき無理やりバックをしようとした人と同じくらいの40代中盤くらいの男性が布団の上に座って彼を背中から抱きかかえていた。そして彼の下半身を優しく触っていた。


相手が見つかってよかったね。


そんなことを思いながら、個室部屋をのぞいていると彼と真正面からバッチリと目が合ってしまった。彼は「一緒に仲間に入って触って欲しい」という感じで、ボクに甘えるように腕を伸ばしてきた。


<つづく>

絶対に会えてよかった<84>


「痛い! やめて下さい!」


ダンスミュージックがガンガンに鳴り響いている店内で、若い男性の声がいきなり響き渡った。


店内のいくつかの部屋からは「あぁん」や「いやぁん」や「ちゅぱちゅぱ」といった淫らな音が聞こえていたけど、若い男性の叫び声が聞こえて一瞬だけ無音になった。


どこかでトラブったな?


そんな言葉が各部屋から吹き出しのように出てきた後、数秒には何事もないかのように淫らな音が聞こえてきた。


その叫び声は、ちょうどボクの立っていた場所の2メートルくらい先の個室の中から聞こえた。「いったい何があったんだろう?」と声が聞こえた方向を見ていると、個室のドアが開いて40代中盤くらいの男性が出てきて、ボクの前を足早に通り過ぎていった。


そっと個室に近づいて中をのぞくと若い20代前半くらいの男性がうつぶせになってお尻を押さえていた。


なるほど。さっき出ていった男性が無理やりバックをしようとしたんだな。


ボクは二人の状況を見てすぐに推測がついた。


「止めてって言ったのに……」


若い男性はボクが個室の入口に立っているのにも気が付いていなかった。彼は別に誰に聞こえるように言ってる訳じゃないんだろうけど、一人で呻いていた。


ロッカールームの方では、ドアを乱暴に閉める音が聞こえて、しばらくすると玄関のインターフォンが聞こえて乱暴にドアを閉める音が聞こえた。無理やりバックをしようとした男性はバツが悪くなったのか店から逃げ出していったようだ。


ボクは無関係だったので、その場から立ち去ろうとしたんだけど、うつぶせになっている彼が振りむいてバッチリと目が合ってしまった。なんだかそのまま立ち去るのが悪い気持ちになって、個室に入って「大丈夫ですか?」と声をかけた。彼は横になったまま手を伸ばしてボクの手を握ってきた。


「無理やりバックしようとしてきたんですか?」


ボクは枕元にしゃがんで、そっと声をかけた。


「はい……バックはできないって言ったんですけど……」

「大丈夫ですか?」

「そんなに奥まで入ってないので大丈夫です」


彼は甘えるようにボクの手を引いて一緒に布団に横になるように促してきた。


ボクは年下には興味がない。自分と同年代か年上の男性に興味がある。


彼は見た感じ20代前半で、恐らく10歳以上も年下のはずだった。カッコいいというよりもカワイイ系な童顔で、しゃべり方や態度から「甘えん方」という態度だった。ロッカーキーの位置を見るとネコのポジションだった。


まぁ……甘えん坊という点は置いといて、見た目に関してはボクの好みのタイプかな。


そんなことを考えながら、一緒に横になって彼を抱きしめてあげて彼の頭を優しく撫でていた。


<つづく>