ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

同性愛者の性長記録<14>

 当時はただ単純に好きな人の写真を手元に置いておきたいというくらいの願望だった。まさか……いきなりおかずにしようなんてことは考えてもいなかった。誰にでも「好きな人の写真が欲しい」って同じような願望は持つと思う。ただ……ボクの場合は、好きになった人が「異性」ではなくて「同性」だったというくらいの違いしかなかった。

 ボクはどうやってN君の写真を手に入れようか思案していた。

 そもそも先生たちはボクがゲイであることを知らなかった。生徒も教師の目の前でボクのことをホモ扱いしようものなら叱責を受けることを自覚していたのだろう。先生がいないタイミングでしかホモ扱いされることはなかったのだ。ただ……そうはいってもN君の写真を何枚も購入していれば「神原って間違って写真を買ってないか?」と指摘される可能性もあった。クラスメイトはボクがN君のことが好きなのは周知事実だったので、先生からそんな指摘されるところを見られたら、「神原ってN君の写真が欲しいんだろ!」と冷やかされるのは目に見えていた。

 あくまでさりげなく……他の写真に紛れ込ませてN君の写真を一枚だけ滑り込ませて購入するしかない!

 ボクはそう決意して、二度と見たくもない自分の顔が写った写真を見つけては用紙に番号を記入していった。そして何枚かあったN君の写真の中で四枚くらい候補を選び、その中から厳選した写真を一枚ほど選んだ。N君が一人だけ写っている写真はなかったので、N君を含めて三人ほど写っている写真を買った。ボクにとってはN君が写った全部の写真の中で一番のお気に入りの写真だった。そして震える手でその写真の番号を用紙に記入して先生に提出した。

 ◇

 数日後、下校時間に先生から購入の申し込みをした写真が手渡された。

 先生は写真を渡す生徒の名前を次々と呼んでいた。みんな写真を入った封筒を受け取ると、すぐに封を開けて写真の見せ合いをして盛り上がっていた。

「神原!」

 ボクは先生から名前を呼ばれて慌てて先生のもとへ行ってドキドキしながら封筒を受け取った。先生から「なんでN君の写真を買ってるの?」なんて指摘されたらどうしようと思ったけどそれは杞憂に終わった。ボクは受け取った封筒をカバンの中に急いで入れた。心の中では早く封を開けてみたいと思いながら、他の生徒から写真を受け取り一緒になって適当に会話をしていた。そして学校の帰り道に一人になってから自転車から降りて封筒から写真を取り出した。

 ボクの手には念願だったN君の写真があった。

<つづく>

同性愛者の性長記録<13>

 ここで少し中学時代にまで時間を遡ることになる。

 今まで散々とアニメや漫画のキャラクターをおかずにしてきた恥ずかしい話ばかり書いていたが、ようやく実在の人間についても話をしていく。前にも書いた通り、性の目覚めとともにボクはアニメ雑誌を使ってアニメキャラクターをおかずにしてきたけど、実在の人間をおかずにしたのは、中学二年生になってからだ。それも初めて同性で好きになったN君と同じクラスになってからだった。もちろん具体的にN君の写真とかがある訳ではないので、全てボクの頭の中の妄想だけで処理してきた。しかし……色々と妄想するのも、なかなか体力というか精神力がいる。ロールプレイングゲームで言うところの性行為によって、HPとともにMPも同時に消費している感じだ。妄想するよりもアニメ雑誌とかある方が手軽だったので、おかずのメインはアニメ雑誌だった。それに学校に行けば、実在のN君と顔を合わせるわけで、罪悪感というものもあって気が引けていた時期もあった。

 なんだか書いてて……また恥ずかしくなってきた。

 さらに月日は流れて中学三年生になった。どこの中学校でも春先あたりに修学旅行というイベントがあると思う。そして修学旅行が終わってしばらくすると先生たちが旅行中に撮影した写真が学校の廊下に飾られた。飾られた写真の隅には番号が書いてあって、購入したい番号を用紙に記入して、先生にお金を渡せば写真が購入できるようになっていた。みんな自分が写っている写真を見つけては次々と用紙に番号を書いていった。
 
 ボクは写真が嫌いだった。

 自分の容姿に自信がないのもあって、写真を撮られるということ自体が嫌いだった。自信のない自分が写った写真をわざわざ購入して手元に置くのも億劫で、「もう買わなくてもいいか……」と放ったらかしていた。ただ買うつもりは無くなっていたけど、休み時間になると廊下に張り出された沢山の写真を見て時間を潰していた。そんな中、ある重大な事実に気がついた。

 重大な事実とは言っても、ここまで読まれた方はとっくに感づいている人もいるかと思うけど、貼り出された写真の中にはN君が写った写真が数多くあったのだ。

 N君の写真が欲しい……

 そう思ったけど色々と難題があった。ボクとN君は同じクラスだけど、修学旅行で行動する班が違っていたから一緒に写った写真が集合写真くらいしかなかったのだ。

<つづく>

小説『怒り』の感想

怒り(上) (中公文庫)

怒り(上) (中公文庫)

 

 

 正確に言うと同性愛コンテンツではないのだけれど、ゲイの登場人物が出てくるのでこのサイトで紹介する。吉田修一さんの小説『怒り』(中公文庫)を読んだ。既に映画化もされているみたいだけど、登場人物がどんなことを考えているのか内面的なことを知りたいため小説で読むことにした。

 ゲイの登場人物が出てくる内容だけ抜粋して説明すると、大手企業に勤めているゲイの「優馬」が有料ハッテン場で出会った「直人」と同棲を始める。同棲を始めた直人の過去は全く知らないまま、優馬の母親や兄夫婦とも関係を築いて仲を深めていく。ただあるテレビ番組をきっかけに、一緒に同棲していた直人に対して、過去に起こった夫婦殺害事件の犯人ではないか?という疑惑を強めていくことになる。疑惑を強めていく中、直人は突然に優馬の前から姿を消してしまう。何故直人は姿を消したのか?はたして直人は犯人だったのか?というあらすじだ。実際には、過去の殺人事件に関連して東京、千葉、沖縄の三つの土地を中心に同時進行に話が進められていて、この優馬と直人が登場するのは東京のパートのみだ。

 この吉田修一さんという小説家は、何やらゲイ業界に詳しい気がしていて、以前に読んだ『悪人』という小説の中でも、福岡のゲイ業界に詳しい人でないと書けないような描写があった。小説『怒り』の中では有料ハッテン場の内部の描写(上巻P.56)もある。さらにゲイ向けのアプリに関しても描写(上巻P.53)されている。ゲイ役として登場してくる、優馬という人物の内面的な考えも、ゲイの人ではないと小説に書けないのではないか?と思いつつ読んでいた。

 小説で出てきた気になる言葉を抜粋して感想を述べていく。

自分たちのような同性愛者は結婚をすっ飛ばして墓の心配なんだなと笑いが込み上げてくる。(下巻P.46)

 優馬の母親が亡くなって、東京近くの霊園を探しているときに、優馬が考えたことだ。実は……ボクもかなり似たようなことを考えていた。自分の将来を順番に考えていると、完全に「結婚」という過程が抜け落ちていて、はるか先の「葬式」を真っ先に想像してしまう。ボクも優馬のように、その事実に気がついてしまって独りで笑ってしまったことがあった。

優馬ってさ、実はゲイを低くみてない? だから一番大切な仲間の前では必死に隠そうとするんじゃない?(上巻P.274)

 ボクはゲイだけど、ゲイを低く見ているのかもしれない。普通の人たちに対して劣等感を漠然と持っているような気がする。

物心ついたころから自分の気持ちや思いが、親や友達に嫌な思いをさせるらしいことに気がついていた。好きな人たちに嫌な思いはさせたくない。自然と自分の気持ちや思いを口に出さなくなり、それに慣れ、気がつけば出せない人間になっていた。(上巻P.138)

 ただゲイであることの劣等感だけで隠しているわけではなくて、カミングアウトすることによって、親や友達など大切な人たちに迷惑をかけてしまうので隠しているのも事実だ。ボクがゲイであること隠しているのは、この一つの理由からというわけではなくて、いくつもの理由が複雑に絡み合っている。

 この小説を読み進めていくうちにテーマは、「人を信じる」ということかな?と思いながら読んでいた。信じれなかった人。信じていた人から裏切られた人。東京、千葉、沖縄の三つの土地で「人を信じる」というのが話の中心になっていたと思う。

 この優馬という登場人物が、有料ハッテン場で出会い同棲することになった直人が殺人犯かもしれない?とう疑惑を抱いてしまい、直人のことを「信じる」ことができたのかは小説を読んでもらえればわかるが、ボクは有料ハッテン場で出会った人のことを信じていない。きっと相手も信じていないだろう。所詮はその場だけの関係だからだ。人を信じるには、その人の現在だけではなくて過去のことも知る必要がある。有料ハッテン場で知ることができるのは現在だけだ。ただ人の過去を探っていくと綺麗な面だけではなく、汚い面も出てくるだろう。ボク自身……このサイトに書いているように、仕方がないという言葉を理由に汚いことを沢山してきた。

 ボクの中で人を「信じる」と「信じない」という境界線はどこにあるんだろう……そう思いつつ読んでいた。その答えはまだ出ていない。もっと感覚的なもので答えが出るものでもないのかもしれない。

 優馬という登場人物が、今回の事件を経て内面的に成長しているのが分かる。ボクは最後の優馬の登場シーンを読んで、彼が今後どうやってゲイとして生きていくのか続編を読みたくてしょうがない。

 ここからなんだよ。ボクが読みたいのは!いいところで終わらないで欲しい!
 
 そう心の中で思いながら本を閉じた。

 

同性愛者の性長記録<12>

 その古本屋で同人誌に出会ってからというもの、ボクは学校の帰り道に古本屋に立ち寄っては、こそこそと同人誌コーナーから本を取り実用書コーナーに移動して、こっそりと立ち読みを繰り返していた。

 そんな高校三年生のある日の夕方のことだった。

 学校から帰ったボクは母親と一緒に夕飯を食べていた。テレビでは夕方の報道番組が流れていて、シリアスなニュースが終わった後は、どうでもいいような流行最前線を紹介するニュースが流れていた。ボクは特に気にすることもなく母親と会話をしながら食事をしていた。そんな時、女性アナウンサーが気にかかる流行解説を始めた。

「放送中のアニメや少年雑誌などで連載中の漫画をパロディ化して描いた同人誌が女性の間でブームです!」
 
 ボクはその女性アナウンサーの言葉を聞いて、「もしかして……あの本のこと?」と心の中で思いつつ、ニュース番組を食い入るように見た。テレビの中では、同人誌を描いている女性作家や、その同人誌を行列を作って買い求める女性客が映像で流れていた。

「こんな本の何がいいんだろうね?」

 隣の席で、母親がニュースを見ながらそんなことを言っていた。

「そうだね……」

 ボクは自分の気持ちを悟られないように、興味がなさそうな振りをしてニュースを見ていた。テレビの中では女性アナウンサーが同人誌の紹介を続けていた。同人誌には、男性同士のカップリングを描いた「やおい」というカテゴリーがあるという説明までご丁寧にしてくれた。

 そうか……きっとボクが読んでいたのは、この「やおい」というカテゴリーに入るのか。

 ようやく自分が読んでいた本の正体が見えてきた。テレビの中では女性アナウンサーの紹介が終わって、ゲストの出演者にコメントを求められていたが、コメントを求められた出演者も「こんな本の何がいいんだろうね……」という風な困った表情をして答えていた。3分ぐらいの短いニュースだったけど、ボクにとっては貴重な解説だった。古本屋に置かれている同人誌の量はものすごい勢いで増えていた。これは紛れもない事実で流行していたのは間違いないと思った。

「こんな本を読む人の気が知れないね……」

 気持ち悪そうな表情をして母親がそう言った。ボクは努めて明るく「そうだね」と答えた。確かにボクも古本屋で立ち読みして中身を知る前だったら、「何がいいんだろうね?」とスルーしていたかもしれない。でも今は事情が違っていた。

 母さん……あなたの息子は、その理解しがたい本をこそこそと立ち読みしています。

 ボクは母親の顔を見ないで、そんなことを心の中でつぶやいた。「同人誌を買わなくてよかったな」と思った。確かに普通の人にとっては理解しがたいかもしれない。もし購入した本を母親が見つけたら色々な意味で驚くだろうし、母親にどんなに説明しても理解できると思えなかった。でも、ボクにとって同人誌は、初めて同性同士の性表現を描いたものだった。普通の人にとっては分からなくても、ボクにとってはずっと探し求めたものだった。母親の言葉に、少し傷ついたけど表情には出さないようにした。

<つづく>

同性愛者の性長記録<11>

 ボクが初めて同人誌を手にとった高校時代には、まだBLという言葉も流行っていなかった。ボクがBLという言葉を初めて聞いたのは大学生になってからだ。

 ボクはその本を持ったまま、ほとんど人が来ない実用書コーナーに移動した。そして本を開いてじっくりと内容の確認した。実用書コーナーは、冠婚葬祭のマナーや手紙の書き方のマナーだの人気のない本ばかり置いているため、あまり人が来ない場所だったから隠れて立ち読みするのは最適だった。 

 瀬戸君がH書店で立ち読みをしている時には、「瀬戸君はエロ本を立ち読みしながら何を考えているんだろう?」とか思っていたけど、ボク自身も同じ立場に立ってみると何を考えているのか実感できた。早い話……煩悩の塊という状態だった。初めて見る男性同士の性描写は、ボクをひたすら興奮させていた。ただ一点ほど不満があった。

 もっと原作に近い絵だったらよかったのに……

 あまりに少女マンガチックに、キャラクターが書き換えられていて、その点だけが気に入らなかった。ボクは同人誌コーナーと実用書コーナーを行ったり来たりを繰り返していた。なるべく原作に近い絵の同人誌を探しては、手にとって実用書コーナーで隠れて立ち読みをしていた。

 もっとゆっくりと家で読みたいな……

 そう思うのは必然の流れだった。でも同人誌を買う訳にはいかない理由があった。大手のチェーン店とはいえ田舎の古本屋だ。どうやら店員には、ボクのことを知ってる人も結構いるようだった。レジに立っている知らないおばさんから「たかおみくんのお兄さんは東京の大学に行ったの?」なんて訊かれた経験もあった。「はいそうです」と答えながら、「この人はいったい誰なんだろ?」と考えたけど心当たりがなかった。ボクが顔の認識をしていないだけで知り合いの店員はそこそこいるようだった。まさかその知り合いの店員に、同人誌を買っているのを見られる訳にはいかない。

 仮に勇気を出して同人誌を買ったとしても家のどこに保管すればよいかという問題もあった。この本が見つかれば、ノンケがエロ本を見つかって恥ずかしい思いをするレベル以上になるのだ。エロ本発覚+カミングアウト+少女漫画趣味の発覚(これは誤解だけど)。親からすればこの三段構えの衝撃は凄ましいだろう。どんなに「少年誌に連載している漫画のパロディなんだ……ボクは少女漫画の趣味はない!」と母親に力説しても理解してもらえないだろう……そもそもカミングアウトした方を最優先に説明しないといけないけど……

 ボクは泣く泣く読んでいた同人誌を、元の棚に戻して店から出て行った。

<つづく>

同性愛者の性長記録<10>

 田舎で育ったボクはそもそも「同人誌」というものを全く知らなかった。その同人誌がある棚の前で立ち読みしている人を見かけたことはあるけど、女性ばかりだったのでボクには縁のない棚だと勝手に思い込んでいた。

 ボクが手に取った本は原作をもとに独自に創作したストーリーが描かれていた。それに各章の間に四コマのギャグマンガが描かれていた。

 ギャグのつもり何だろうけど、あまり面白くないな……

 そう思いながら棚に本を戻して別の本を手に取った。次の本も少年ジャンプに連載されている漫画のパロディだった。ただ内容が全く違っていた。ページをめくって読み進めていたけど、ボクは途中から目を背けてしまった。そのページには漫画に出ている主人公とヒロインが肉体関係を結んでいるシーンが描かれていたのだ。

 うわ……この棚の本ってアダルト的な描写もあるんだ。

 ボクは男女のアダルト描写には、全くと言って興味がなかった。嫌々ながらもパラパラとページをめくって見ていたが興奮することはなかった。少女漫画チックに描かれた絵から推測して、恐らく作者は女性かと思った。ボクは恥ずかしくなって周囲に人がいないか目を走らせた。

 最近はこんな本も売られているのか……どんな層の人たちが読むんだろう?

 そう思いながら、ボクは本を棚に戻した。そして棚に並べられた本を全体的に眺めていると、棚の一角に気になる表紙の本があることに気がついた。その本はさっき手に取った本と同じように、少年ジャンプに連載されている漫画が少女漫画チックになって描かれているんだけど、大きく違っている点があった。その大きく違っている点とは、原作に登場している男性キャラクター同士が寄り添うように描かれていたのだ。

 あっ……怪しい感じの表紙だな……

 ボクは周囲に人がいないことを確認してから、そっと棚から本を取り出して開いてみた。そしてページをめくるにつれて、ボクは衝撃を受けていた。その本の中には、男性のキャラクター同士が、キスやセックスする描写があったのだ。ボクは再び周囲に人がいないことを確認してから食い入るようにじっくりと読んだ。それまでボクの頭の中の妄想だけで繰り広げてきた世界が描かれていた。生まれて初めて同性同士が肉体関係を持っている描写に出くわしたのだ。棚に目を戻すと、その本があった棚の一角は、他の本も同じように男性キャラクター同士が寄り添うように描かれた表紙ばかりだった。

<つづく>

同性愛者の性長記録<9>

 さて……H書店には本当に同性愛者向けの本があったのだろうか?

 今となっては確認する術もなくなってしまった。それはボクが社会人になってからH書店が潰れてしまったからだ。ボクがH書店に入ったのは、その一回きりだった。裸の女性がプリントされたエロ本に囲まれて、男性の同級生を見て何故かドキドキしていたという記憶があるだけだ。

 きっと……ボクが探せなかっただけで同性愛向けの本はあったんだと思う。
 
 ボクはそう思うことにしている。あの狭い店内の中、山のような裸の女性のエロ本に囲まれて、埋もれるように下着姿の男性や裸の男性のプリントされた本や雑誌が数冊だけあったに違いない。そういう風に想像するだけでも楽しくてワクワクしてくる。
  
 さて次に話すのは、高校一年生だったH書店の出来事から、二年ほど月日が流れて高校三年生の時代だ。

 ボクは高校からの帰り道の途中ある古本屋に立ち寄った。それは全国どこにでもある古本屋の系列店だった。ボクは学校からの帰り道に、その古本屋によく立寄って、小説の文庫本を購入して授業中に教科書に隠しながら読んでいた。週に一回はその古本屋に寄って、新しく売り出された本がないかチェックしていた。たまには小学時代の同級生と出くわして、「神原さんってホモになったって本当?」などと、店内に響く大きい声で質問されたこともあった。問い詰められたボクの方も、「ははははっ……本当だよ」と笑いながら認めていたのだから、大人になった振り返ると我ながら恐ろしい子供だったと思う。

 えぇ……と話は戻って、その古本屋に行くと、ボクが確認する棚は決まっていて小説コーナーと漫画本コーナーの二つの棚だけだった。その小説コーナーと漫画本コーナーの間に、見慣れない本を並べたコーナがあった。確か高校二年生くらいから、この二つのコーナーの間に見慣れない本が出没し始めて、時が経つにつれて徐々に冊数を増やしていった。ただボクの視界には入っていたけど興味がなくて、それが何の本であるのか全く意識したことがなかった。

 その見慣れない本は、時が経つにつれて徐々に冊数が増えて棚の範囲も広くなっていった。そして嫌でも小説コーナーや漫画本コーナーを行き来していると目につくようになった。

 ある日、漫画本を立ち読みしていると、漫画本コーナーのすぐ隣まで侵食してきた、その見慣れない本の表紙が目についた。

 あれ……この本の表紙って、確か少年ジャンプで連載している漫画じゃなかったけ?

 そう思いながら、今まで気にもしてこなかった隣のコーナーにある本を手にとってみた。表紙に描かれたイラストは、確かに少年ジャンプに連載中の漫画だったけど、どうみても絵は原作者が書いたものではなかった。むしろ少年向けと言うよりは、少女向けのイラストに変わり果てていた。ボクは「下手くそな絵だな……」と苦笑しながら、その本のページをめくった。

 ここまで読まれた方は薄々気づいていると思う。つまり……ボクが手に取っていた本は「同人誌」なのだ。

<つづく>