読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。現在は隠れゲイ@福岡。過去の思い出や現在のことを綴っていきます。

カミングアウトの代償<3>

 ボクはホモのキャラクターを演じるの止めたかった。でも演じることを止めてしまえば、今までボクに興味を持って話しかけて来た人達ですら、面と向かって否定する発言をして来るのではないかと予感して止めることができなかった。

 以前、インターネットの悩み相談サイトで、『学校でゲイであることを隠して生きるのがつらいので、カミングアウトした方がいいのか悩んでいる』といった投稿を見かけたことがある。

 ボクの経験ではノンケの演技を止めてカミングアウトをすれば、次はゲイの演技を続けなければならなかった。どちらが辛いかと言えば後者の演技の方が辛いと思う(もちろんボク自身の個人的な体験と感想だけど)。

 そんな不毛な演技を続けながら高校時代を過ごす中、自然体のままで付き合っていた同級生が一人いた。松田君という生徒だった。

 高校に入学して同じクラスになり、たまたま出席番号順に並んだ際、隣の席になったのだ。彼とは卒業するまで三年間ずっと同じクラスだった。彼はマイペースな性格で、ボクがゲイであることに興味もないようで、普通の友人として接してくれていた。ボクと同じく、人間関係も狭く深く付き合うタイプだった。

 サスペンスが好きで、アガサクリスティーやコナンドイルや松本清張や赤川次郎や西村京太郎や山村美紗など推理小説ばかり読んでいた。ボクもアガサクリスティーや松本清張が大好きで、両作家の本はよく読んでいたので彼とは趣味が一致していた(ちなみにボクはアガサクリスティーの『春にして君を離れ』という小説が大好きだ。アガサクリスティーには珍しく推理小説ではないけど)。

 お互いに推理小説を読んでは、その本を貸し借りして本の感想を仲良く話していた。恐らく他の同級生が聞いても意味の分からない話を二人で延々としていただろう。

 ボクは松田君の前ではホモキャラクターを演じることなく自然体でいられた。彼と話していると心が休まるのを感じていた。休み時間になれば二人で雑談をして一緒に下校していた。

 しかし、ゲイであることを知られているボクと仲良く遊んでいれば、妙な噂が立つのも時間の問題だった。

「神原と松田はホモ同士の関係で本気で付き合っているのではないか?」

 そういう噂が学校内で広まっていたのだ。
 
<つづく>

カミングアウトの代償<2>

 興味を持って話しかけて来る同級生がいる一方で、初めからボクに対して嫌悪感を露わにする同級生もいた。

「あれで……あいつホモらしいよ。マジで気持ち悪い」

「どうみても男じゃん。あれでホモ?」

「ホモとかマジで勘弁して欲しい。死ねばいいのに」

 明らかにボクの聞こえるように話している時もあったが、ボクは彼らの存在を無視していた。 

 大人になってから職場などの公の場でカミングアウトしたことはないが、大人の世界でカミングアウトしても、こんなことを直接的に言われることはないのかもしれない。職場でこんなことを本人に直接に言うと現在の社会ならセクハラ扱いになる可能性もあると思う。その点、子供は無邪気で残酷だった。

 でも本当にボクを精神的に疲れさせたのは、面と向かってボクを否定する発言をする人達よりも、興味本位で話しかけて来る人達の方だった。 

 興味本位で話しかけて来る人達。

 例えばこんな連中だった。

「神原から見たらA君とB君のどっちが好み?」

 もちろんA君とB君も男性だ。正直に言えば、A君とB君も興味がなくて、どうでもよかった。同級生も本気で質問をしているわけではなかった。その場の雰囲気を盛り上げるために質問しただけだ。ボクはその場の雰囲気を読んでノリだけで会話していた。

「う~ん。B君かな」

「アホか! マジで殺すぞ」

 ボクの発言を聞いたB君は笑いながら軽く流していた。その場はボクの発言と、ボクの発言を受けた君のリアクションを見て盛り上がっていた。

 他にもこんな例がある。

「そういえばC君がお前のこと好きらしいよ」

 そんなこと冗談に決まっている。ボクが本気になったら面白いと思って揶揄って言っているのだ。ボクも冗談で受け流していた。

「いや〜むしろC君よりD君の方が好きかな」

「おい! 神原ってD君のことが好きらしいぞ!」

 D君に向かって大声で知らせる同級生。

「マジで! 俺……神原とセックスするの? 心の準備が出来てないんだけど」

 それを聞いたD君は爆笑しながらそう叫んでいた。

「はははははっ……冗談でしょ。冗談!」

 その場に居合わせた同級生たちはケラケラと笑ったいた。そこには相手に合わせて笑っている自分がいた。 

 本当にバカみたいだ。

 気づくと同級生の間ではホモのキャラクターとして定着していた。

 当初は何だか知らないけど相手が楽しんでいるのならそれでいいと思っていた。でも、そんな感じで対応をしていると、同級生の中ではノリのいい奴という風に誤解を生み始めていた。ボクはコミュニケーションを取るのが苦手だったので、相手から気軽に話しかけてくれるのは有り難かった。でもボクは多数の人間と同じ距離を取りながら広く浅く付き合うのが苦手だった。特定の少数の人間と狭く深く付き合うのが好きだった。無理をしてキャラクターを演じていると、自分がどんどん辛くなってくるのを実感していた。でも、今更になってホモのキャラクラーを演じるのを止めることはできなかった。同級生はどんどんボクに演技を求めて話しかけて来る。

 少しづつボクの心の中で歪みが広がっていた。
 
<つづく>

カミングアウトの代償<1>

 カミングアウトをすることがいいことなのかは分からない。でもボクはもう二度と公の場でカミングアウトをすることはないと思う。その思いに至ったのは高校時代の体験からだ。

 高校に入学してからも、同じ中学の同級生から「あいつはホモらしい」という噂があっという間に広まった。別の中学校から来た生徒にも噂が知れ渡るのに、さほど時間はかからなかった。廊下を歩いていると、別のクラスの顔も知らない同級生からも声をかけられることが多々あった。

「神原さんってホモだって聞いたけど本当なの? 中学時代にN君って男が好きだった聞いたけど本当なの?」

 半笑いで話しかけて来た同級生の少し離れた場所では、数人の同級生がボクの反応を興味深々といった感じで伺っていた。肯定も否定もせずに適当に受け流していればよかったのかもしれない。中途半端なサービス精神からなのか、ボクは真面目に受け応えしていた。

「そうだよ。N君って男が好きだったよ」

 あっさりと認めてしまったボクのことを「こいつはありえない」という驚きの顔をして、矢継ぎ早に質問をして来た。

「今は好きな男がいるの?」

「うんいるよ。別の高校の年上の人だけど」

「男で抜いてるの?」

「まぁ……うん……抜いてるけど」

「女を好きになったことないの?」

「小学生の頃は女の子が好きだったよ」

「何でホモになったの?」

「知らない。気がついたら男を好きになってた」

 別の同級生からも何度も同じような質問を繰り返し浴びせられ続けていた。ボクは同じ回答を繰り返していた。

「あいつ……やっぱりホモなんだ」

 一通り真面目に回答して、遠ざかるボクの背中の方で、同級生が集まって囁き合っているのが聞こえた。ボクは無視してその場を立ち去った。

 普通はこういった状態になると虐められているように解釈するものなのかもしれないけど、ボクはその辺りの感覚が鈍いのか虐められているという認識を持ったことがなかった。そういった連中を相手にするのはめんど臭かったけど、実際に同性が好きなのは事実だし、もうこればっかりは仕方がないよねと思っていた。
 
<つづく>

代償行為はほどほどにします

前職のノンケ友人(村上)との会話でカミングアウト済み関係です

神原:あぁ……過去の恥ずかしい恋愛話がようやく終わったよ。最後まで読んでくださった皆様。ありがとうございます。

 

村上:ちょっと異常な愛情物語だったね……

神原:よりそいあって暮らすことが〜♪ あなたのためにはならないこともある〜♪ しでかして来た過ぎた日々が私を許しはしないらしい〜♪ (* ̄0 ̄)θ~♪

村上:それ……何の歌?

神原:中島みゆきの『愛情物語』っていう歌だけど知らない? 愛情物語って言葉が出たのでついつい反応してしまった。特に一番目の歌詞がボクの気持ちに合ってるなって思うけど。

村上:知るか! 友達の家で卒業文集を見つけて読んだり、若干ストーカーぽい気がした。

神原:いや! ストーカーの域までは達してないでしょ? 彼に会うために病気でもないのに勤めてる病院に通院してるとかなら、ストーカーぽいけど。まぁ……偶然に病院の前を車で通り過ぎたことなら何度かあるけど。

村上:怪しいな……本当に偶然に通り過ぎたのやら。 (¬ω ¬*) 

神原:彼の名前を検索して、彼の書いた医学論文を読んだりしたことはあるけど。

村上:徐々にストーカーぽくなってきた。

神原:勤務先の病院のホームページを見る度に、診療科の紹介のページに彼の写真を載せろと抗議の電話やメールをしたくなる衝動に何度か駆られたことはあったけど。

村上:やっぱりストーカーみたいなもんだね。その横溝さんって人はどんな顔してるの?

神原:う〜ん。テレビをほとんど見ないから芸能人で例えることができないんだけど、何年か前にネット放送で、少し横溝さんに似た人を見つけたんだ。

村上:誰だろ……有名な人? 

神原:全く有名ではないと思う。ある会社の社長なんだけど。

村上:社長って聞くと、かなり年配の印象を持ってしまうけど。

神原:メルマガスタンドで『夜間飛行』という会社があるんだけど、その会社の井之上社長だよ。確か三十歳の後半くらいだと思う。

村上:夜間飛行? 全く知らない。

神原:横溝さんより、この社長の方が全体的におっとりした感じがするけど、顔の系統はかなり似てるよ。

村上:画像検索してみたけど……へぇ。こんな顔してるんだ。

神原:井之上社長もイケメンでしょ?

村上:同性だからなのか……俺には何がいいのか分からない。その社長を見ては代償行為してるんだ?

神原:見た目が似てるだけで、会ったこともない人に恋はしないよ。でもイケメンなんでトキめいてしまう。いつか親が病気になったら、彼の勤務先の総合病院に入院させるよ。もしくはボクが不治の病になったら彼の病院に入院するんだ。そこで数十年かぶりに彼と再会する妄想をしてるんだ。彼に看取られながら息を引き取るのもいいかな。うふふふっ  (*´∀`*)

村上:なるほどストーカーというよりは、ただのバカなんだね。直ぐに転院させられると思うよ。もしくは君はどこかの病院に措置入院させられるかもね。

同性への憧れと恋愛の境界線<11>

 彼は高校を卒業して、他県の大学の医学部に合格した。
 
 ボクはというと、苦手だった数学を暗記科目のようにして、なんとか乗り切ることに成功した。教科書や問題集の答えを意味も分からないまま暗記してしまうことで、なんとか定期試験を乗り切っていた。もともと私立大学の文系コースで大学受験をすることを考えていたので、数学は定期試験さえパスできれば問題がなかった。

 高校二年生になって友達の家に遊びに行った時だった。

 部屋の本棚に彼の高校の卒業文集があるのが目についた。友達の兄が彼と同じ高校の卒業生だったようで、背表紙のタイトルを見た瞬間に、彼が卒業した年の物だとわかった。ボクは友達から許可を得て、本棚から取り出して、彼の名前を探してページをめくった。彼の名前はすぐに見つかった。

 ボクは興味が無さそうな雰囲気を醸し出しながら、友達にバレないように、何度も同じ文書を読み直していた。文集には彼が医師になりたいという決意に至った理由や経緯が綴られていて、理路整然とした内容がとても彼らしいと思った。国語は苦手だと言っていたけど、確かに文章は下手だった。でも彼の強い思いは伝わって来た。
 
 大学卒業後、彼は医師になって実家近くの総合病院に勤務している。これらは母親同士の会話から入って来た情報だ。ボクが彼に憧れているのを母親も何となく気づいているようで、新しい情報が入ると定期的に話してくれた。恥ずかしい話だが、彼の話を聞いている時、ボクの顔には隠しきれない嬉しさが滲み出てるんだと思う。

 お互いの家が近いからか、その後、何度か彼とすれ違ったことがある。立ち止まって会話することはないけど、「おっす!」とお決まりの挨拶を交わしていた。すれ違った後、ボクは道端で幸せを噛みしめて笑っていた。彼と出会って二十年近く経ったけど、未だに彼の実家近くを通り過ぎる時、彼の姿を探している自分がいる。

 ボクの中で同性を好きになる時は、「この人が好きだ」という気持ちと「この人のようになりたい」という憧れの気持ちが同時に存在している。ボク自身が、好きになった人に近づくことで、なんとなく自分の中で、その人と一緒に生きているような気がしていた。そして人を好きになる度に、取るに足らないボクという人間が、少しづつ良い方向に変わって行ってると思う。同性を好きになっても、その恋愛が実ることはなくて辛いけど、彼らを好きになったということは後悔していない。

<終わり>

同性への憧れと恋愛の境界線<10>

「そういえば、兄の中学校の運動会でお会いしましたよね。一緒にご飯を食べて、遊んでもらったことがありましたよね」

 兄の話の流れで、自然と本題に触れることができた。

「あぁ……そんなこともあったね。よく覚えてるね」

 実は母親から指摘されて思い出したのだが、そのことは黙っていた。

「あの時はありがとうございました」

 彼は一人で「そういえば、そんなことあったね」と思い出しては懐かしがっていた。

「そろそろセンター試験ですよね?」

「うん。数学はいいけど、国語をどうにかしないとマズいんだけど……塾で数学ばかり勉強してても、どうしようもない」

 ボクと得意科目が真逆だなと思っておかしかった。

「頑張ってくださいね」

 ボクは心から思いながら言った。

「ありがとう」

 少し照れながら彼は頭を下げた。その後、しばらくすると先生が帰って来てボクらの会話が終わった。

 何事もなかったかのように時間が流れ、塾から帰る時間になった。最後にそれとなく彼の姿を目に焼き付けていた。「これで彼と塾で会うのは最後かもしれない」。そう予感していた。十分に目に焼き付けた後、いつもと変わらない感じで先生に挨拶をしてから塾から出た。

 ボクは自転車をゆっくりと押して帰りながら泣いていた。親の前で泣くことなんてできない。涙が止まるまで家に帰ることができなかった。

 彼とは家に帰る道が途中まで一緒なので、もしかしたら後ろから現れるかもしれないと未練がましく期待していた。でも同性からこんな気持ちを抱かれても気持ち悪いだろうとも考えていた。彼からすればボクの気持ちなんて、ただの迷惑だろうと思った。

 彼がボクの存在を覚えてくれているだけでも嬉しかった。

 その後、センター試験が始まり、本格的な受験期間が到来した。彼と塾で顔を合わしたのはこれで最後になった。

 彼との出会いから、二十年近くの時が流れた。ボクの中では未だに彼への思いが残っているようだ。ボクが好きになる人は、いつも何となく彼に似ていた。有料ハッテン場で初めて肉体関係を持った人も少し彼に似た人だった。街中でなんとなく人を眺めている時も、彼に似た人がいたら、いつも目で追いかけてしまう。そして高校一年の彼との出会いを思い出しては切なくなってしまう。

 二人きりでほとんど会話もしていない関係なのに、ずっと彼の面影を探して生きてきた。

<つづく>

同性への憧れと恋愛の境界線<9>

 早く話しかけないと先生が戻って来てしまう。話しかけるタイミングを見つけられないで、刻一刻と時間が過ぎていた。ドキドキしながら彼の様子を伺っていると、彼がいつものように手の骨を鳴らし始めた。

 今がチャンスだ!

 ボクは恐る恐る勇気を出して話しかけた。

「前から思ってたんですけど、そろそろ手の骨が折れますよ」

 ボクは照れ臭そうに話していたと思う。急に話かけられた彼は、不思議そうにボクの方を見ていた。

「あぁ……手の骨を鳴らすのが癖で授業中にも無意識に鳴らしてしまって」

 彼は癖を指摘されて少し恥ずかしそうにしていた。学校の授業中でも鳴らしてんのかよと思ったけど、そこは突っ込まないで話を続けた。そんな変わった所も恋するボクにはカッコよく思えた。

「横溝さん……ですよね?」

 目があって話をしているだけで、狼狽えてしまうけど顔に出さないように頑張った。あらかじめ話しかける内容は決めていたので、続きの話をしようと思った時だった。

「そうだけど。そっちは神原さんの弟だよね?」

 やっぱりボクのことを知ってたんだ。嬉しかったけど、冷静に話を続けた。

「親同士が知り合いみたいですけど、ボクの兄のことも知ってるんですか?」

 『神原さんの弟』という言い方が気になっていた。

「お兄さんのことなら、小学校でも中学校でも有名で目立ってたから知ってるよ」

 そうなのだ。ボクと違って、兄は背が高くて勉強も出来て生徒会などもしょっちゅうやらされて、学校内ではかなり目立った存在だった。ボクはその有能な兄の弟という立場にかなり助けられていて、イジメの対象からも除外されていた。小学生の頃から兄の学年のヤンキー連中にも可愛いがられて、誰もイジメようとする人はいなかった。嘘みたいな話だけど、女子生徒の何人かが、兄に会いに家まで来たことがあった。本人は迷惑そうで顔を合わすことなく追い返していたけど。ちなみに兄からお願いされて、その女子生徒達を追い返すという嫌な役をやらされたのはボクだ。ボクは兄は家にいないと言って追い返した。

 その兄の存在のおかげで横溝さんはボクの存在を知っていた。ボクは兄の存在に心底感謝していた。

<つづく>