ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています。毎日更新中@福岡

絶対に会えてよかった<59>

あぁ……この袋を開けたら「セーラー服」があって、その服を着て「女装」してくれととか言ってくるんだろうな。

ボクはこの流れの展開からして、以前に出会ったヨウスケさんと同じだと思っていた。

でも、よくよく考えると渡されたビニール袋は、とても小さくて軽かった。どんなに空気を抜いて圧縮しても「セーラー服」が入るような大きさでなかった。

何が入ってるんだろう……

ビニール袋の中を覗き込むとブルーのテカテカした服が入っていた。ところどころホワイトのストライプの模様が入っている。

なんだか見たことがあるような服だな。

その謎の服を手に取ると、とても軽かった。いや。軽いというよりもほとんど重さを感じさせなかった。ボクは袋から恐る恐る服を取り出して、目の前に広げてみた。

あぁ……これユニフォームだ。

えっと。何のユニフォームだっけ……そっかこれって陸上の選手が着てるユニフォームだ!

ブルーでところどころホワイトのストライプの模様のある陸上のユニフォームは、スポーツ商品を販売している有名なメーカーのものだった。

それで……これをどうして欲しいんだろう? もしかしてボクに着て欲しいのかな?

「これって陸上のユニフォームですよね?」
「そうだよ」

彼は嬉しそうに照れながら言った。

そっか彼は「陸上部」だったって言ってたもんな。

そのことを思い出して、なんで今さら陸上のユニフォームが出てきたのか合点がいった。

もう何度も書いてるけど、ボクはコスプレには興味がない。

もちろんセーラー服などを着る「女装」にも興味がないし、彼のようにサッカーや陸上のユニフォームを着るといった「スポユニ」などを着てみたいという願望も全くなかった。よくハッテン場に行くと股間が目立つような丈の短いボクサーパンツを履いている若い子を見かけるけど、そういった商品を何って言うのかすら知らない(普通にボクサーパンツでいいのかな?)。

ボクの中では相手の男性が何を着ていようがプラスにはならない。

どんなコスプレをしても「へぇーそうですか」としか思わない。むしろ私服姿の方が興味がある。その人がどんな趣味をしてるのか、清潔感があるのかが分かるからだ。

「もしかしてヒイてる?」

彼は心配しに尋ねてくる。

「いや……別にそうでもないですよ」

ボクは平然と答えた。

<つづく>

絶対に会えてよかった<58>

ボクは当時、自分のことを「ウケ」だと認識していた。そして彼の方も自分のことを「ウケ」だと認識していた。だから「ウケ✕ウケ」の関係になった。

そうなると自然に特に過激なことを行われることなく、会話を楽しみながら抱き合ったり、キスしたり、触り合いしていた。地元にいても同性を接触する機会が全くない彼にとっては、それだけで満足だったようだ。「やっぱり女性より男性と寝るほうが気持ちがいい」と言っていた。

そしてボクの方はと言うと、昔好きだった先輩と共通点が多い彼に対して、好きだった人の面影を重ねていた。目の前の彼と昔好きだった先輩を重ねて寝ていた。まさに代償行為というやつだった。

「もしかして……俺と高校時代に好きだった先輩に重ねてくれてるの?」

と、指摘されて「はい。そうです」と照れながら正直に言った。彼は「嬉しい」と言っていた。

しばらく抱き合っていると、彼は会話の途中で、何か言いたそうな雰囲気を出し始めた。

ボクは「どうしたんですか?」と質問すると、何かとても言いにくそうな顔して「何でもない」と言った。しばらく抱き合っていると「うーん。ちょっとだけいいかな?」と言いにくそうな顔をして言った。

「すごく言いにくいことなんだけど……」
「はい。なんですか?」

一瞬だけ「やっぱり寝るのが嫌になって断られるのかな?」と思った。

「一つお願いしたいことがあるんだけどいい?」
「はい。いいですけど」

一瞬だけ「キスは嫌だとか一緒に寝ていて気に入らないことがあるのかな?」と思った。

「もし……君が嫌だったら断ってね」
「はい。なんですか?」

一瞬だけ「あれ……これどっかで見たような流れだぞ?」と思った。

「やっぱり恥ずかしいな……」
「大丈夫ですよ。ボクにできる範囲のことはしますよ」

なんとなく嫌な予感を感じながらも明るい調子で言ってあげた。彼は躊躇いながら立ち上がって、クローゼットの中から鞄を取り出してきた。

一瞬だけ「あれ……これやっぱりどっかで見たような流れだぞ?」と思った。

そして鞄の中から何かビニール袋を取り出した。中身には何が入っているのか分からなかった。

「君は何か服を着たりすのは大丈夫?」
「えーと……着る服によります」

一瞬どころか間違いなく「以前も似たような流れに出くわした」と思った。

「これなんだけど……」

そう言って彼は顔を少し背けながらボクはビニール袋を渡してきた。ボクは恐る恐る袋を開いて中身を確認した。

<つづく>

絶対に会えてよかった<57>

高校時代のある時期から、何か困ったことがある時に「彼ならどう考えるだろう?」とか「彼ならどうするだろうとか?」とか考えるようになっていた。ここまでくると、もう彼に対する感情は「憧れ」とか「尊敬」とか飛び越して「崇拝」の領域に達していた。ただボクもいい年齢になってきて、最近でこそ憧れから恋愛感情を抱く流れが少なくなってきたように思う。

話は戻って、目の前にいる彼は「性病になるのが怖い」と何度も言っていた。

既婚者で医療関係者の彼にとっては「性病」は天敵だった。

よくよく話を聞いてみると、

彼が病気に感染する⇒彼経由で奥さんに病気を感染させる⇒浮気がばれる⇒浮気の原因を調査される⇒彼がゲイだとバレる⇒ついでに病気になったら保険を使って治療するから職場にもバレるかもしれない⇒リスクが高い。

と、彼の思考の中で、ここまでの流れがセットになっていた。

そんな中で細心の注意を払いつつも肉体関係を持つ安全な相手を探していて、過激な書き込みばかりが散見する掲示板の中で、ボクの書き込みがヤケに目についたと言っていた。

これは大学時代に出会った多くの人から言われたんだけど、なぜかボクの掲示板の書き込み文章は目立つらしい。出会い系の掲示板経由で初めて出会ったイサムさんという女装している人からも同じことを言われた。他にも出会った人から顔を見た瞬間に、「あぁー君ならあの文章を書くよね」と何度も言われたことがあった。というか……過去に出会った人の全員から言われてたような気がする。

とにかく既婚者で安全な相手を探している彼にとっては、ボクが書いた文章を読んで安心できたようでメールを送ってきた。

少し話が逸れてしまうけど、以前からゲイ向けの出会い系掲示板に「既婚者募集」とか「既婚者の方はいませんか?」と言った書き込みを見かけたことがあった。この手の掲示板を見たことがある人なら、一度くらいは見かけたことがあるんじゃないだろうか。

ボクはなぜ「既婚者」を募集しているのか、よく分からなかった。ずっと世の中には「既婚者フェチ」のような層がいて、その層の人たちが既婚者の相手を探してるんだと勝手に思い込んでいた。それにボクは既婚者じゃないし、そういった書き込みをしている人との接触する機会がなかったので、深く考えることもなくて謎のままだった。

これは最近になって、ある人から教えてもらったんだけど、そういった書き込みをしている人の大半が「既婚者」だと知った。

自分自身が「既婚者」で相手も同じ「既婚者」の方が、周囲にバラされるリスクや病気などを含めて安全性が高いために「既婚者募集」と言って書き込んでいるようだ。もちろん全ての書き込みがそうじゃないとは思うけど、教えてもらって成程と思った。

ボクにとっては目の前でビールを飲んでいる彼は憧れの人に雰囲気が似ていた。しかも同郷という安心感がプラスされていた。

そしてボクと彼は過激なことはしたくない。でもお互いに気持ちよくなりたいという利害が一致していて一緒に寝ることになった。

<つづく>

文章投稿の遅延のお詫びと近状報告

今日は珍しく文章を投稿するのが遅くなった。

いつもなら、どんなに遅くても午前中には投稿をするようにしているのだけれど、昨日の夜から色々なことがあって遅れてしまった。

このサイトの更新は別に誰から強制されている訳ではないけれど、1年半以上も毎日更新しているせいか、もはや自分の中で毎日更新するのが日課になってしまって日常生活の一部になってしまった。

でも昨日どころか一昨日の夜から仕事の関係で、あまり寝てない状態に続いてしまっていて、今自分が何を伝えたくて文章を書いているのか分からないままキーボードを叩いてる。

さっきから頭の中で文章を組み立てようとしては、何度も崩壊してしまっていて、なんで崩壊してしまうのかといえば、寝不足が原因なのと、もっと「別のこと」で頭の中が一杯で、昨日からの続きの文章を集中して書くことができないままでいる。

それで昨日の続きの文章を書くのを諦めて、頭の中で一杯になっている「別のこと」を書こうかどうか迷ったけど、ぼかして書くと意味不明な文章になってしまうから、はっきりと書くことにする。

ボクには少し前から付き合っている人がいる。

相手は福岡に住んでいる人で、このサイトを経由して出会った男性だ。

このサイトの文章を読んでくれていた読者で、夏休み前くらいにメールをもらって福岡市で会った。それから何度も会っていて少し前から付き合い始めることになった。

彼のことが好きだと感じたのは2回目に会って、夜の大濠公園で一緒に散歩しながら話した時だった。

ボクには自分がゲイであることよりも、もっと「別のことで悩み」があったんだけど、彼と大濠公園の湖の中道を一緒に歩きながら話をしていて、

この人とならその悩みを共有できると思った。

ただ年上の立場上もあって、ボクからは何も言え出せずにいた。もし彼が友達でいることを望むのなら、それはそれで友達のままでいようと努めていていた。

彼が付き合おうと言ってくれたのは、次の次に会った時だった。

はっきり言って彼から「このまま友達のままでいませんか?」と言われると思っていた。彼も緊張してたけど、ボクの方も緊張していた。彼の口から次にどんな言葉が出てくるんだろうとドキドキしながら言葉を待っていた。

一昨日は、仕事の関係で寝れなかったけど、昨日は、その付き合っている彼との関係で眠れていなかったりする。もうボクの家にも来ていて、もちろん顔も本名も住所も職場も全て知っている。ボクも彼の同じことを知っている。

こっそりと電車の中で手を繋いだり、ホームで手を繋いだり、夜道で人目を忍んで手を繋いだり、飲食店や展覧会でイチャイチャしたりと、端から見ればバカップルにしか見えないことばかりしている。

でもこれから先のことだったり、もっと色々な真剣な話も、かなりの割合している。

この先、彼と一緒に助け合って生きていきたい。

長い人生だし、お互いに調子のいい時もあるだろう。調子が悪い時もあるだろう。どちらか困るタイミングがあっても、一緒に助け合って生きていきたい。そう思えるような人だ。

もっと詳しく書けばいくらでも書くことができるけど、今は書くのは止めておく。

もう長く福岡に住んでいるのに、今日初めて福岡城跡地の本丸まで登った。もちろん彼と一緒だ。風が心地よくて気持ちがよかった。 

f:id:mituteru66:20181014212954j:plain

絶対に会えてよかった<56>

「もしかして医師ですか?」
「そうだよ」

机の上に散乱しているレントゲンの画像やパソコンの画面に映った発表資料の内容を眺めると、誰でも「医師だろうな」と気がつく。ついでに若い彼が一人で高級ホテルに宿泊していることにも合点がいった。

かなり時代を感じさせるけど、今ならパワーポイントにレントゲンやCTの画像や動画を貼り付けて、USBメモリでファイルを持ち運びすればいいかもしれない。もしくは学会が用意しているクラウド上にファイルをアップロードしておけば済む話だ。でも当時は、まだパソコン本体にフロッピーディスクのドライブがついている時代だった。まだADSLも普及しつつある状態で、勿論、USBメモリなんて便利な物も存在しなかった。

「その先輩のことが今でも好きなの?」
「好きです」

ビールを飲んで少し酔っ払ってしまったのか、臆面もなく恥ずかしい発言ができてしまう。

この先輩については過去に書いてる(『同性への憧れと恋愛の境界線』を参照)。

「その先輩は、もともと陸上部に入ってて怪我したことが、きっかけで医者になりたいと思ったらしいです」
「俺も志望理由は似たようなものかもしれない。だから整形の医師になった」
「そうだったんですね」

ボクはその言葉を聞いて嬉しくなった。これも時代を感じさせるけど、今なら整形外科じゃなくてリハビリ科になってるのかもしれない。まだ当時はリハビリなんて言葉は今ほど一般的じゃなかった。

その先輩が陸上部に所属していたのは、彼の母親からボクの母親を経由して聞いて知っていた。そして友達の家で、たまたま彼が書いた卒業文集を読む機会があって、彼が医師になりたいと思った理由を知った(同性への憧れと恋愛の境界線<11>)。

ボクにとって彼は永遠の憧れ人だった。

ボクが好きになる人は、彼に似た顔や似た雰囲気を感じさせる人ばかりだった。それが虚構だと分かっていても、好きにならざるをえなかった。ボクは今でも一年に一度は彼の名前をネットで検索しては、彼がどこの病院に勤務しているのか確認している。それに彼はボクにとって好きになるのタイプを決定付けただけじゃなかった。彼のようにひたむきに真面目に生きていきたいと思うようになっていた。ボクにとっては人生の手本のように感じていた。

そういえば最近読んだ小説の中にカウンセラーが出てきて、自分のことを同性愛者だと認識している高校生に対して、早急に判断するのは止めるように諭すシーンが描かれていた。思春期には、同性に対して「尊敬」を感じてしまって、それを「恋」だと勘違いしてしまうことが多々ある。だから相手に抱いている感情が「尊敬」なのか「恋」なのかを見極める必要がある。もし同性愛者として生きていくのであれば社会的に苦労するから、よく考えて欲しいと言っていた。

確かにボク自身が当時を振り返っても、どこまでが「恋」だったのか「尊敬」だったのかはっきりとは分からない。

でもボクは彼と出会った高校時代から、ずっと彼のことが好きなままで、ずっと彼のようになりたいと思っていた。

<つづく>

絶対に会えてよかった<55>

「飲む?」

彼は冷蔵庫からビール缶を取り出して勧めてきた。

まぁ……一杯くらいならいいかな?

お酒は弱いけど一杯くらならいいやと思った。ボクは一杯目で顔が赤くなってしまって、二杯目で頭がクラクラして、三杯目で吐くペースだ。彼の実家は農業をしているらしく身内が集まって焼肉をしながら飲む機会が多くて、ビールが大好きだと言っていた。

ボクはビール缶を渡されて、彼と一緒に夜景を眺めながら話をした。

あまりにマニアックな話を書いてもしょうがないけど、ボクの地元で人気があったローカル局のラジオ番組の話で盛り上がっていた。

そのラジオ番組に、お互いにハガキを出して読まれた経験があることが分かって、「ペンネームの◯◯◯とかいたよねー」といった懐かしい思い出話をしていた。ボクは小学時代から寝る時にラジオを聴いていて、いろいろなラジオ番組にハガキを出していた。ちなみにハガキを読まれて一番嬉しかったのは、中島みゆきのラジオ番組だった。

彼は既婚者で息子が二人いることを教えてくれた。京都市の左京区にあるイベントホールで学会があって、その学会の発表のために京都に来ていることを教えてくれた。地元ではゲイであることを隠して生きてるけど、京都に来たついでにノンケの仮面を外して、久しぶりにゲイの素顔のまま羽伸ばしをしようと掲示板を見て、ボクの書き込みを見つけたと言っていた。

ボクらの地元では有料ハッテン場なんてなかったし、出会い系掲示板の書き込みもほとんどない。

彼は仕事や家庭の立場上もあって、ノンケの仮面を外すことはできないと言っていた。ただ中学時代から恋愛対象は「女性」じゃなくて「男性」と言っていた。

ボクは中学時代や高校時代にカミングアウトしていた話をすると「俺らの実家みたいな田舎で同性愛者を名乗るなんて馬鹿じゃない?」と呆れてた。ボクも自分のことながら呆れて「同感です」とうなずいた。

「何か運動でもしてるんですか?」

ボクは彼の姿を最初に見てから何かの運動をしていることに感づていたので質問してみた。

「小学時代から陸上部だった」
「なるほど。それで痩せてるんですね」

ちなみに二人の会話を文章中では「標準語」で書いてるけど、地元の「方言」丸出しで会話している。

「ボクの高校時代に好きになった他校の先輩が陸上部でした」
「へぇー」
「その人も医療関係を目指してます」

ボクは過去に何度も医療関係者と縁があって、それは大学時代に課外活動でやっていたことにも関連している。ついさっき書いた高校時代に好きになった他校の先輩も医師になって、今は実家近くの総合病院で医師として働いている。他にもポツポツと要所要所で出会うゲイの人達に医療関係の人が多かった。

<つづく>

絶対に会えてよかった<54>

彼に案内されて部屋の中に入って最初に気がついたのが、窓から見える京都市内の夜景が綺麗なことだった。

「綺麗ですね!」

ボクは田舎育ち丸出しの状態で、窓から見えるビル街の夜景に感激してしまった。

その窓の近くには高級そうなテーブルが置いてあった。テーブルの上にはパソコンが置いてあって周囲にはビール缶や資料が散乱していた。

その資料の間にレントゲンの写真のような物があるのに気がついた。

もしかして医療関係者なのかな?

そんな疑問を感じつつも、それとなく部屋の中を観察していると、クローゼットにスーツ一式がかけられていた。そしてスーツをかけてあるハンガーに「ネームプレート」も一緒にかけられているのに気がついた。

そのネームプレートを見ると彼の「氏名」や「勤務先の病院名」が思いっきり書かれていた。

「あの……本名がバレてますけど」

ボクは気まずくなってクローゼットを指差した。この場でネームプレートの存在に気づいたことを指摘しないと、彼が別れた後になって氏名や勤務先がバレたことに気がついて慌てると思ったからだった。

「あぁぁーあ!」

彼は慌ててネームプレートを隠そうとしたけど「もう手遅れか!」と言って隠すのを諦めた。「ちゃんと隠さないといけないですよ!」と注意をすると「しまったしまった」と言って、彼のテンションが下がってしまった。

彼の氏名も勤務先名もバッチリ見ちゃったな。もう忘れられないよね。

こっちだって見たくて見たわけじゃない。ちゃんと隠してない方が悪いのだ。でも彼を見ると後悔丸出しの顔をして呆然と立っていた。彼の完全なミスで自業自得とは言え、なんだか可哀想になってきた。

それになんだか、この「抜けっぷり」というか「のんびり」した彼の雰囲気が年上相手なのに「可愛い」と思ってしまった。

しょうがないな……でも彼なら大丈夫だろうな。

ボクは鞄の中から財布を取り出して、カード入れの中から「学生証」を取り出した。

「はい。これがボクの本名と大学名です」

そう言って彼に学生証を渡した。その学生証には証明写真が貼られていて、ボクの氏名や大学名。所属学部。生年月日などが書かれていた。

「お互いに本名と所属先を知ったから御愛顧ですよね」

彼は学生証を受け取って「◯◯◯◯君って言うんだね」とボクの本名を読み上げた。それからボクの方も「◯◯◯◯さんって呼びますね」と照れながら言って、お互いに本名で呼び合うことになった。

ボクは大学生になってから顔と氏名を晒すのは、いつも「ノンケの仮面」をかぶった状態だった。でも彼の前で久しぶりに「ゲイの素顔」のままの状態で顔と氏名を晒した。

<つづく>