ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

ゲイブログを書く前後<18>

 ボクの初体験の話。

 いつかは書かなくてはいけないとは思っていた。この初体験の話を書かないと、次の有料ハッテン場の話題に繋がらないから、どうしてもこのタイミングで書く必要があった(『同性愛者としての初体験』を参照)。でも自分の初体験の相手を晒したり、どんな感じで肉体関係を持ったとか、それを思い出しながら書くのはあまりに憂鬱すぎた。そのまま正直に文章を書いてしまうと、ボクの好きなセックスにおける行為を晒してしまうことになる。どこまで書けばいいのかという葛藤があった。それに初体験の話を書き終えたとしても、後に有料ハッテン場について書けば、いやでも『性描写』を書かなくてはなからなかった。

 そもそも他の人たちは、どうやって『性描写』を描いてるんだろう……

 ボクは他のゲイ人たちが書いている『性描写』を参考にするために、ネットで検索して勉強した。『ゲイ セックス 体験』などのキーワードで検索すれば沢山のサイトがヒットした。よくよく考えて見ると参考にする文章の選択が間違っていた。参考にするにも適当な恋愛小説にするべきだったのかもしれない……と今になって思う。

 ボクはパソコンの画面に表示された文章を見て固まってしまった。

 こんな破廉恥な文章を書くことになるのか……

 もしパソコンに表示された文章を参考に、初体験を描いたらこんな感じになる。

 ボクとヒロトは69の体勢になった。ボクは夢中になってヒロトのペ●スを口にくわえてフ●ラをした。そして彼のペニ●だけでなく玉の付け●も同時に舐めて責めた。彼は興奮しすぎて突然にボクの口の中に生臭い●体を吐き出した。そしてボクも同時にヒロトの口の中に液●を吐き出した。ボクらはお互いの液●を全て飲み干した。

 いやいや……こんな文章書きたくないよ! こんなの完全にアダルト小説じゃないか。そもそも同時に射精なんて、そんなこと滅多にないって! しかも精液を飲み込み趣味なんてないよ! 

 念のため断っておくけど、実際にはこんなことしていない。ボクの初体験は緊張しつつも極めて真面目に「こと」を終わらせただけだった。

 こっ……こんな破廉恥な文章を書くのか……

 ボクはパソコンの前で赤面しながら頭を抱えていた。「だから参考にする文章の選択肢が間違ってるんだけど」と当時にボクにそう指摘をしてあげたい。

 どうやって性に関する描写を書けばいいのんだろう……

 結局、ずるずると悩みながらも、『同性愛者としての初体験』を書き始めた。でも書いていてもあまりに憂鬱だった。あまりに憂鬱すぎて、このサイトを削除したい誘惑に何度も駆られた。ボクはその度に「ヤシュウさんが読んでくれている。ヤシュウさんが読んでくれている。ヤシュウさんが読んでくれている。ヤシュウさんが読んでくれている。ヤシュウさんに夜襲されたい。あれ?。ヤシュウさんが読んでくれている」と自分を洗脳していた。でも12個目の文章を書いている途中に限界に達した。

 なんで憂鬱な文章を書いてるんだろう……こんなに憂鬱なら『性描写』を書くのを止めよう。

 ボクはセックスの途中で突然に文章を終わらせることにした。

 ボクは同性愛者の赤裸々な人生を書きたい思った。今でも『性描写』に関しては、どこまで書けばアダルト小説になってしまうのか?と葛藤しながら書いている。

 ボクはどちらかというと『性描写』なんて書きたくない。

 でもハッテン場や出会い系の掲示板を通して行われている『性描写』も含めて、同性愛者の世界なんだから書かざるを得ないと思っている。

<つづく>