ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

二人で不動産を買ってしまった

約一カ月ぶりの更新になる。

 

ここ最近は別のことに集中していて文章を書く気分になれなかった。

 

何に集中していたのかと言うと、彼と一緒に不動産を買ってしまったのだ。

 

僕たちが購入した物件は「イレギュラー案件」らしく、一般的な住宅街の一戸建てではないため、何をするにして参考事例が少ない。彼と「どうすればいいのかな?」と相談しながら徐々に進めている。ついでに物件だけでなく表向きは、友達同士で一緒に住むという形になっているので、こういった要素も複雑な状況を更に生み出す要因になっている。

 

そんな過程の中、彼の母親と会う機会があった。

 

既に何回か会っていて、つい先日はお母さんと15分間くらい二人きりの状況があった。特に当たり障りのない会話をして時間が過ぎたけど、いつか二人きりでじっくり話す機会を自然に持ちたいと思っている。別にカミングアウトする気はないけど、僕は彼のお母さんと話したいことがいくつかある。恐らくお母さんも僕と話したいことがあるんじゃないかと感じている。表向きは友達同士ということになっていて、1年くらい前にいきなり現れた、その友達と一緒に不動産を買うことになって「いったいどんな人なのだろうか?」と、僕の素性について興味があるはずだ。

 

それにしても、彼と付き合い始めてから1年も経たないうちに農業を始めて、不動産まで買ってしまうとは、当然だけど予想もしていなかった。

 

彼は「これをやりたい」「あれをやりたい」と、とめどもなく次々と言ってきて、僕を飽きさせることがない。そもそも僕たちにとっては「自分がゲイ」であることよりも、もっと別のことへの関心の方が高かったのだと改めて感じている。僕も昔のように喫茶店に籠って本を読んだり、美術館に行ったりするような生活には戻りたくない。そんな同じことの日々繰り返しの生活から僕を連れ出してくれた彼に感謝している。

 

先日も草刈り機で雑草を刈ったり、チェーンソーで木を切ったりしていたけど、自分の状況の変化に驚いている。ついでに、ここ一か月間は、インパクトドライバーやらマルノコやらトリマーやらディスクグラインダーやら、少し前までの見ても何の用途に使うのか全く分からない工具を買うようになった。

 

もう少しで暑い季節が終わり、涼しくて作業がしやすい季節を迎える。

 

来年の3月ぐらいまでに不動産に関しては、一定の目途をつけたいと思っていて、僕と彼の二人だけでは手に負えないので、もっと周囲の人たちの力を借りようと思っている。

 

このサイトの更新頻度は少なくなるかもしれないけど、僕は何やらかやら状況が変わっていて楽しく過ごしている。