ゲイとして生きる君へ

中学時代に同性愛に目覚めカミングアウトしてました。過去や現在のことを綴っています@福岡

おのぼり二人紀行<34>

ちょうど彼と一緒に農業を始めて一カ月が経った頃、ある本が発売されて読んだ[*1]。その本の中で次のような文章が書かれていた。

 

石牟礼道子さんとは晩年にお話する機会がありました。そこで、彼女の代表作である『苦海浄土 わが水俣病』を、どうしたら若い世代に伝えていくことができるのか、という話になりました。

すると石牟礼さんは、しばらく考えて、「手仕事をするといいですね」といったのです。どんなに詳しく本の中身を説明しても、分かってもらうことはむずかしいかもしれない。しかし、手を動かして仕事をするようになれば必ず見えてくるものがある。その大切なものを無残にも破壊したのが水俣病事件だというのです。 

 

この本には石牟礼道子さんの言葉を引用した後、彼女は「頭を働かせるだけでなく、同時に手を動かすとよい」と意味で、この話をされたと書かれていた。先にも書いた柳宗悦の『手仕事の日本』の中では「手はただ動くのではなく、いつも奥に心が控えていて、これがものを創らせたり、働きに悦びを与えたり、また道徳を守らせたりするのであります。」と書かれていた。

 

去年の夏頃から石牟礼道子さんや志村ふくみさんといった人たちの書いた本と出会った。それから彼らに影響を与えた人たちが書いた本を読むようになった。彼らが書いた本を読んで、自分が探していた言葉がようやく見つかったように感じていた。それと生きる姿勢についても感じるころが多い。つい先日読んだのは志村ふくみさんの友人の永瀬清子さんの書いた『短章集』という本だったけど、自分の中で漠然と感じていたことが、はっきりと文章に書かれていて驚いてしまった。永瀬清子さんは結婚して生活のために農業をしながら詩人しても活動をされていた女性だ。

 

そういった本と出会っている最中に、彼と出会ったのは僕としては「縁」と言うしかなかった。「ゲイ以外の側面」で自分が進んで行きたい方向が見えてきた時、同じ方向を向いて一緒に歩いていける人と出会えた。ついでに「ゲイの側面」も一緒に抱えて歩いていける人と出会えたのだ。

 

ちょうど、この章の文章を書いている途中で、彼と会ってから一年が経った。彼は「一人ではできないと思っていた」と言って僕に対して感謝してくれているけど、それはお互い様としか言いようがない。「よくぞあの日メールを送ってくれた」と僕も彼に感謝している。

 

<つづく>

[※1]考える教室 大人のための哲学入門 NHK出版 著者:若松英輔